新旭の鳥 近況紹介  2016年12月25日号

※カフェHullの休業日  火曜日、2017年1月25日(水)

※コハクチョウ観察会 今年度はあと2回、2017年1月21日と2月11日の開催です。詳しくはこちらをご覧ください。

※1回1組の方をご案内する、「ガイドウォーク」のお申込み受付中!  お一人様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください。 いろいろなカモなどの水鳥が多数見られ、運が良ければコハクチョウも。 陸にも冬鳥たちが渡ってきます。

※次回の新旭探鳥会は1月22日(日)です。予約不要。 高島で冬を越すいろいろな野鳥に会いに行きましょう♪

 

センター前の湾では、岸近くにカモ+カンムリカイツブリ
その奥にオオバンが集まっていることが多いです。
カモはキンクロハジロが一番多く、ホシハジロ、マガモ、コガモ、
ヨシガモ、スズガモなどが入り混じって浮かびます。
10日にアカハシハジロも見られました!

顔を水中に入れ、魚を探しながら進むカワアイサ
ウミアイサ、ホオジロガモもよく見るようになりました。
市内のコハクチョウも増加中。湾内には成鳥3羽がよく来ています。
密集して沖を直進するのはハジロカイツブリ達。

チュウヒは浮島の上を舞ったり、島に降りて一休み。
青空を背にミサゴが魚を狙います。ハヤブサが飛んで来ることも!

中旬以降、ツグミを見る機会が増えました。時にはシロハラも登場。
ジョウビタキアオジの声も聞こえてきます。
運がいいと、湖畔の木を移動していくアカゲラに遭遇します♪
観察室間の茂みから、ヒクイナの声がすることも…

天気がよく変わる土地柄。雪や時雨の心配もありますので、
雨具持参で観察にお越しください。