新旭の鳥 近況紹介  2020年12月26日号

※2021年1月と2月の新旭探鳥会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただきます。大変申し訳ございません。3月以降につきましては状況を見て判断いたします。

カフェ休業日は火・水曜となっております。 営業時間は平日10:30~16:00、休日10:00~17:00です。 ラストオーダーは閉店の30分前となります。

※スタッフが湖畔を案内する観察ツアー、<ガイドウォーク>やっています! 火曜日以外の毎日開催、1名様からOK。

 

 

水鳥の種類は多いものの、「個体数」は11月より減少。
オオバンの密集した「塊(かたまり)」も最近見られませんが…
湾内の決まった場所に、多数集まって食事しています。

今月、ミコアイサ♀やトモエガモの登場回数が多めです。
カワアイサが沖や、木津浜の前を直進しながら魚探し。
ウミアイサもたまに見るようになりました♪

田んぼや湖岸沿いだけでなく、沖もコハクチョウの食事場所。
よく来るのは3羽ですが、24日は45羽が暗くなるまでいました!

運がいいとヒクイナが水際の茂みから出てきます。

今季はご無沙汰だったアカゲラ
20日以降メスが来るようになりました。21日はアリスイ出現!
木の下でアリ?を食べた後、開けた所に座っていました。

ジョウビタキ♂がセンター前に来なくなりましたが…、近くに今もいるようです。
メスは今日も観察室前の柵に飛んできます。
夕方などにミソサザイの声も聞かれました。

15日は初雪でした。
雪の照り返しで、アオジの黄色もいつもより鮮やかに。
胸の斑点に赤みがあるツグミも見られました。