新旭の鳥 近況紹介  2016年4月

※カフェの臨時休業日: 2016年5月27日(金)     ご迷惑をおかけしますが… よろしくお願いいたします。水鳥観察室は通常通りご利用いただけます。 

ご希望の日時を指定できる、「ガイドウォーク」のお申込み受付中。  今は鳥達の子育てシーズン、小鳥などの親子が見られるかも。お一人様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください。

 

先月のツバメやイワツバメの出現から少し遅れて、
ニュウナイスズメ (4月15日初認)、 オオヨシキリ (20日)、
コムクドリ (20日)、 サンショウクイ (21日)
…といった鳥達が現れ始めました♪

ジョウビタキベニマシコは去ったようですが、
ツグミは結構残っていて、駐車場周辺からシメの声も。
中旬までシロハラのさえずりも聞かれました。

カモで多く残っているのはキンクロハジロマガモ
ホシハジロ、時にはヨシガモオカヨシガモも少しいます。
あちこちにいる黒い鳥はオオバン。 陸で草を食べていることも。
カイツブリ夫妻の声もにぎやか♪
湖上を飛び交うユリカモメ、カモメの姿が目立ちます。

近くの木立にあるトビの巣では、24日までに白いモコモコした
ヒナが誕生!その裏の田んぼではキジが鳴き、
ニュウナイスズメの群れがよく採食に来ています。

湖岸ではサワオグルマが見頃。ノウルシもまだ楽しめます。
いい景色の中、色々な鳥の色々な動きをお楽しみ下さい。