新旭の鳥 近況紹介  2017年1月22日号

※カフェの休業日:火曜日、3月9日(木)

※1回1組の方をご案内する、「ガイドウォーク」のお申込み受付中!  お一人様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください。 いろいろなカモなどの水鳥が多数見られ、運が良ければコハクチョウも。 陸でも冬鳥たちが動き回っています。

※次回の新旭探鳥会は3月26日(日)です。予約不要。 まだ残っている冬鳥や、繁殖シーズンに入った鳥たちを、春の景色の中で楽しみましょう♪

 

下旬に今季初のまとまった雪が降り、最大で60㎝以上
積もりました。雪になると当館前の湾にマガモ、オナガガモ
増えるのがいつものパターンで、 今回も大きな群れが出現。
が、その後穏やかな日が続いたためか再び減少…

オオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ
今も湾内の四大勢力です。
マガモが交尾したり、ヨシガモが求愛ディスプレイしたり、
カンムリカイツブリの「お見合い」が見られたことも♡
運がいいと、タシギヒクイナが採食しに現れます。

コハクチョウは時々4羽が湾内に。今シーズンの常連さんです。
ここにいない時は、3km弱南の針江の湖岸にいるかもしれません。

18日、オオタカが水鳥たちを急襲! が、狩りは失敗…
浮島にチュウヒが飛んできます。枯れ草の間で休んでいることも。

雪で鳥が大きく動いたようで、それまであまりいなかった
アカゲラ、ベニマシコ、イカルにもよく会います。
水際にセグロセキレイ、ツグミ、アオジなどが来て、雪で倒れた
枯れ草の上で採食。18日以降、時々トラツグミが見られています。

歩道にまだ雪が残っているので、ぜひ長靴で…
晴れた時は、雪の照り返しで鳥達の色が一段と鮮やかです♪