新旭の鳥 近況紹介  2017年6月24日号

誠に勝手ながら2017年6月21日(水)は、カフェは12:00開店の予定です。 水鳥観察室は通常通りご利用いただけます。

※1回1組の方をご案内する、「ガイドウォーク」はいかがですか?  お一人様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください。 いろいろな鳥を見つけたり、その仕草を観察したり。お客様のペースで楽しめます。今は子育てシーズンなので、かわいい巣立ちビナも見られるかも。

※次回の新旭探鳥会は6月25日(日です。予約不要。いつもより早起きして、鳥の親子や、林の夏鳥を探しに行きましょう♪

 

鳥が少ない湖面でぽつんと採食するオオバンたち。
1~2羽でいることが多いですが、10羽以上の群れが来ることも。
沖を、長―い列になった数百羽のカワウが進んでいきます。

カイツブリがにぎやか! 数組の親子連れも見られています。
湾内で成長中のヒナは一人っ子。だいぶ大きくなりました。
カモは一年中いるカルガモの他、マガモオカヨシガモも「居残り」中。

サギが頻繁に湖上を飛んでいます。大半はアオサギで、
時々ダイサギチュウサギも。近くの小川にはゴイサギがよくいます。
トビが多いのも今月の特徴。

今もオオヨシキリ、ホオジロのさえずりが響いてきます♪
今月はホトトギス、サンショウクイ、コサメビタキも湖畔に登場。
水際からカワセミコチドリの大きな声がすることも。

今年生まれたツバメも飛んで来るようになりました。
他にトビ、ハシボソガラス、シジュウカラ、エナガ、ムクドリ、
スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ
巣立ちビナも見られています。

暑さ・日差し対策と雨具を忘れずに、生命力あふれる
鳥や他の生物たちの姿をお楽しみください♪