新旭の鳥 近況紹介  2020年6月26日号

※スタッフが湖畔を案内する観察ツアー、<ガイドウォーク>やっています! 火曜日以外の毎日開催、1名様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください♪   

新旭探鳥会は9月27日の回から再開させていただきます。

泳ぐ鳥は少なく、飛んでいる鳥の方が目立つ季節。大勢のカワウが湖面すれすれを移動していきます。サギも夏の方が種類も数も多く、特にアオサギは頻繁にやって来ます。

「留鳥」のカルガモ以外にも一部のカモが居残り中。オオバンは4羽以上残っているようです。空から魚を探しているのはミサゴトビ

留鳥や夏鳥は子育てに大忙し。 カイツブリの家族や、親離れした幼鳥が数組見られています♡

岸辺ではオオヨシキリのさえずりがにぎやか♪
シジュウカラ、エナガ、カワラヒワ、セグロセキレイなどの巣立ちびなに会えるかも。トビの子も巣立ちの時が近そうです。

オオムシクイのさえずりが12日まで聞かれました。今も時々、水際からヒクイナの声が…♪

夕方になると、セグロセキレイが浮島に多数集結!カワセミも朝や夕方に会いやすいみたいです。