新旭の鳥 近況紹介  2017年11月25日号

※この冬もコハクチョウ観察会やります! 2017年12月17日、2018年1月21日、2月4日の3回開催です。高島で冬を生き抜くコハクチョウ達の暮らしを、ぜひご覧ください。

※1回1組の方をご案内する、「ガイドウォーク」を開催しております。  お一人様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください。 いろいろな鳥を見つけたり、その仕草を観察したり。お客様のペースで楽しめます。

※次回の新旭探鳥会は2017年12月24日です。予約不要。湖にも陸にも冬の鳥が揃う季節、バラエティ豊かな鳥達をお楽しみください♪

 
先月後半に比べて水鳥の数は減りましたが…
岸沿いなどによく帯状の群れができています。
主な種類はキンクロハジロ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ
スズガモが1~数羽混じっていることも。

バンをほとんど見なくなった一方、
オオバンは湖岸から沖まであちこちにいます。
当館前の湾にあまり来なくなったヨシガモ、ヒドリガモもよく沖合に。

木津浜前の鳥も増加。カワアイサは頭を水に入れ、
魚を探しながら泳いでいます。ホオジロガモも常連さん。
潜水をくり返しながら進むハジロカイツブリ集団に、
ユリカモメ達がよく付きまとっています…

15日以降、ノスリ幼鳥がほぼ毎日見られています。
同一個体かな。センターすぐ前の木にとまることも。

アトリは13日以降見ていませんが、
入れ替わるようにイカルがよく来るようになりました。
時にはエノキなどの実を食べに駐車場に降りています。
ツグミが増え、あちこちで会うようになってきました。

防寒+時雨に備えて雨具持参で、晩秋~冬の自然をお楽しみください♪