作成者別アーカイブ: admin

見た鳥聞いた鳥 2019年6月12日~14日

2019/6/12(水)  曇り、晴れ  水際のアカメヤナギにコムラサキが来ています

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・木津浜沖の「エリ」では、20羽弱のカワウがロープなどにとまって羽休め。アオサギ、たまにダイサギが湖面すれすれを飛んでいきます。

・今年生まれのハクセキレイが、鳴きながら水際を動き回っていました♪ 頭や背中の色が薄いのが飛んでいても分かります。

・トビの巣では、見た目がだいぶ「トビらしく」なったヒナがちょっと暑そうに座っていました。

 

2019/6/13(木)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・ここ数日確認できなかったカワセミが、今日は高く、鋭い声とともに岸沿いを飛行! とまったのは岸からは見えない所ですが…

・田んぼによくいるチュウサギ。時々湖岸にも降りたり、湖の上を飛んでいる姿が見られます。よく似たダイサギより、くちばしや首が短いのでずんぐりした印象に。

 

2019/6/14(金)  曇り、雨  時折風が強まりました

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・湾の南端や真ん中近くに、久しぶりにカイツブリのペアを確認。この2羽か不明ですが、なわばり宣言の声もよく聞こえてきました。

・同一個体なのか、1羽のオオバンが何度も観察室前に現れます。近くに5羽のグループも来ていました。

見た鳥聞いた鳥 2019年6月5日~10日

2019/6/5(水)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ドバト

・だいぶ沖の取水塔にミサゴがとまりました。

・18:48 夕暮れの空をオオタカが飛行! 近くで繁殖中なのか、ペアらしきセグロセキレイが鳴き騒ぎながら追っていきました。ハシボソガラスも合流(?)してタカを追跡。

 

2019/6/6(木)  晴れ

オカヨシガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・浮島前でオカヨシガモのペアが豪快に水浴び。島の裏に行ってしまったり、草の間に隠れて見えないことも多いですが、他のカモや、オオバンもよく島に来ます。

・今年は数が少ないカイツブリ。それでも、センターの南側から大きな鳴き声が聞こえてきたり、1羽がよく観察室の前に浮かんでいます。

 

2019/6/7(金)  雨、曇り  夜、小川などでゲンジボタル達が静かに光っています

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・昔よりスズメが巣作りできる場所が減った中、センター周辺でも、道路標識の裏のパイプや電柱の「腕金」が主な営巣場所に。親がエサを運んでくると中からヒナの声がしてきます♪ 親子連れや、親離れした子どもが湖岸にも来て食糧探し。

・夕方になると浮島にセグロセキレイの幼鳥が集まってきます。1~2羽ずつ浮きにとまって羽休め。

 

2019/6/8(土)  曇り、雨、晴れ  風が強めで気温の低い一日でした

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・アオサギが今日も多く、頻繁に湖上を1~4羽で飛んでいきます。観察室前の、倒木の根っこに降りたつことも。細い飾り羽が風ではためいていました。

・水面に鳥がいない時も、待っているとカイツブリやオオバンがセンター前に泳いできます。

 

2019/6/9(日)  曇り  

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ドバト

・捕えた魚を持ち、ミサゴが沖の取水塔に飛来。着いてすぐに食べ始めました。

・センター横のハシボソガラスの巣では、ヒナの見た目がだいぶカラスらしくなりました。巣の中で時々動いているのが分かります。近くのトビの巣ではヒナが羽ばたきの練習をしていたとのこと。

・西の空に珍しくコシアカツバメが登場。「普通の」ツバメは湖上や湖畔を低く飛んで虫を捕っていました。

 

2019/6/10(月)  雨、曇りのち晴れ 

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・浮島の周りをカルガモやオオバンが泳ぎ、「浮き」にとまって羽づくろい。ポールの上では、カワウやアオサギ、時にはミサゴも羽を休めます。

・すぐ前の木にカワラヒワがとまりました。きれいで複雑な声で鳴きながら、今日もセンターの周りを動き回ります。

・ 水際まで草が生えた湖岸にて、わずかな砂地にセグロセキレイが降りて虫捕り。

見た鳥聞いた鳥 2019年5月29日~6月3日

2019/5/29(水)  晴れ

マガモ、カルガモ、カワウ、ササゴイ?、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、チュウヒ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・久しぶりにチュウヒが現れて、浮島の上を飛んでいました! 強風の中、うまくバランスを取りつつ風上へ。よく湖上を移動しているアオサギやカワウも、多くは風上の方へ飛んでいました。

・今月の前半はほとんど会えなかったコゲラ、再びよく来るようになりました。「ギー」という声とともに、センター前を飛んでいったり木の枝を上ったり。

 

2019/5/30(木)  晴れ

オカヨシガモ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・今川近くのトビの巣、センター横のハシボソガラスの巣で、それぞれヒナが成長中♪ もこもこした毛の生えた頭が動いていました(^ ^)

・オカヨシガモのペアが何度もセンター前に。オスの換羽が始まって、黒かったお尻が白っぽくなっています。このまま渡らずに夏を越すかな?

※観察する時間を十分取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2019/5/31(金)  曇り一時雨

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・雨上がりの木津浜を、ツバメが何羽も飛び回ってユスリカなどを捕っていました。遅れてイワツバメも登場。セグロセキレイは浜を歩き回って虫探し。

・夕方、少し離れた森の方から、ウグイスのきれいなさえずりが聞こえてきました♪

 

2019/6/1(土)  晴れ

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・センター前で大きな魚を捕まえたカワウ。 横取りをもくろむ仲間×2に付きまとわれつつ、何とか飲み込もうとがんばっていました。

・ハシボソガラスの巣に親鳥が戻ってきて、餌をやる場面が見られました(^^)  3羽のひなが大きく口を開けてねだり、親が次の餌を探しに出かけると、すぐおとなしくなります。

・夕空の下、今日もウグイスの美しいさえずりが聞こえてきました♪

 

2019/6/2(日)  晴れ

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・1羽のカイツブリが何度も観察室の前へ。潜らずに水上にいる時間が長く、じっくり観察できました。

・久しぶりにモズが来たようで、夕方、南側の木から声が聞こえてきました。森からは今日もウグイスの美声が。

 

2019/6/3(月)  晴れ

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・カワウの大群が沖にやって来た一方で、浮島前で魚を捕る「単独行動派」も。 ミサゴも湾内で魚を捕えたらしく、巣があるのか森の方へ飛んでいきました。

・近くの木から、カワセミの声が盛んに聞こえてきます。とまっていたのは陸から見えない所でしたが… 複数来ていたようです(^ ^)

・近くの草地でヒバリがさえずり飛翔。  センターのすぐ南や駐車場のそばなど、あちこちでオオヨシキリがさえずっています♪

見た鳥聞いた鳥 2019年5月22日~27日

2019/5/22(水)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ

・観察室前のヨシにオオヨシキリが飛来。悪天候のためかここ数日静かでしたが、今日はセンター前や駐車場のそばでも、にぎやかにさえずっていました。

・青空をバックに、ミサゴがセンターのすぐ前を飛んでいきました。体の白色が実にきれい。

・今日もアオサギが頻繁に湖上を飛行。 大勢で沖を移動していくのはカワウたち。時々「単独行動派」が岸近くに来て魚を捕っています。

 

2019/5/23(木)  晴れ

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ドバト

・夏でも少数残っているオカヨシガモ、今日は浮島の前に2羽いました。一方、キンクロハジロは21日以降姿を確認できず。

・湖周道路のすぐ向こうから、ウグイスとホオジロの力強いさえずりが聞こえてきました♪ センター前のアカメヤナギには、スズメ親子が、虫を捕りに何度もやって来ます。

 

2019/5/24(金)  晴れ

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・ゴイサギが浮島の上を飛び回るも、降りずに南へ去っていきました。

・浮島の草の間とカフェ前の木に、それぞれマガモが立っていました。カルガモのグループが湖上を飛び回り、なかなか着水せず。

・夕方、イワツバメが何羽も現れて、にぎやかに鳴きながら飛び回っていました。

 

2019/5/25(土)  晴れ  田んぼではハラビロトンボたちが縄張り争い

カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・ミサゴが魚を捕え、そのまま森の方へ飛んでいきました。子育て中かな?

・沖合にかなり大規模なカワウの群れ。魚を捕りながら、主に南北に移動していきます。

・辺りが暗くなった19時ごろになっても、カワセミの声がしてきました♪

 

2019/5/26(日)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス?、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・ミサゴが3羽次々に出現! 魚を持って飛んでいく姿も見られました。

・岸沿いをマガモのペアが行ったり来たり。浮島前にはオカヨシガモのペアが。

・エナガ一家がにぎやかに鳴きながら登場。見やすい所の枝に、子どもが5羽以上とまってくれたことも(^^♪

 

2019/5/27(月)  晴れ、曇り

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ?、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ

・昨日会えなかったカイツブリ、今日は、早朝からペアでセンター前に来ていました。「キュルルルル…!!」と大きな声でなわばり宣言。

・駐車場横のウワミズザクラから、イカルのきれいなさえずりが聞こえてきました♪ 16日ぶりの出現です。

見た鳥聞いた鳥 2019年5月15日~20日

2019/5/15(水)  晴れ 

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ドバト

・数組のイワツバメがにぎやかに鳴きながら、湖西線の高架下へ出たり入ったり。 無事に繁殖なるか!?

・久しぶりにコゲラ登場。「ギー!」と鳴きながら窓のすぐ外を飛んでいきました。

・今日もカワセミがセンター前を通過。巣と餌場を行き来しているのか、大抵同じルートを飛んでいきます。

 

2019/5/16(木)  晴れ 

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・センターから見える範囲にはいなかったキンクロハジロ、やっと夕方にオス2羽を発見。残っていた個体も多くが移動したかな?

・今日も道路沿いで元気にさえずるホオジロ。室内にいても声が聞こえてきます♪  センター前にはカイツブリ夫妻が入ってきて、大きな声でなわばり宣言。

 

2019/5/17(金)  晴れ 

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・よくカルガモが利用するカフェ前の木に、マガモがとまってお昼寝中。少なくとも1つがいが渡らずに残っています。

・ツバメは19時近くにようやく出現。ねぐらへ向かうのか、「チュビィ!」と地鳴きしながら南へ去りました。

 

2019/5/18(土)  曇り一時雨  近くの田んぼでもゲンジボタルが見られました!

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、カモメの仲間、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ホオジロ

・庇(ひさし)に付いた虫を捕ろうと、屋根の下でスズメががんばってホバリング。数羽の子を連れた家族が、よく水際の木々にやってきます(^^♪

・沖にカワウの大きな群れが登場。泳いだり飛んだりして、魚を求めて南北に移動していきます。

・イソシギが久しぶりに現れて、水面すれすれをハイスピードで飛行。翼の白い帯がよく目立ちます。

 

2019/5/19(日)  曇り一時雨  風が強めな一日でした

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ

・波で姿が隠されがちですが… 浮島の手前でキンクロハジロが盛んに潜水。島に茂る草の根元では、マガモ、オオバンが休憩中。

・ダイサギと、湾内にあまり入らないコサギが、湾の南端のアカメヤナギにて羽休め。手前の「エリ」によくアオサギがとまっています。

・よく見るとカワセミの姿も。「エリ」の柱を移動しながら獲物を探していました。

 

2019/5/20(月)  曇りのち雨

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ツバメ、ヒヨドリ、コサメビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・強い風もお構いなしに、ツバメたちが自在に湖畔や湖上を飛び回っています。 窓のすぐ外も、地上30cmの高さもハイスピードで飛行!

・夕方、今川横の木立から複雑な鳴き声が…  コサメビタキがさえずっていました♪

見た鳥聞いた鳥 2019年5月8日~13日

2019/5/8(水)  晴れ 

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、オオハム、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・かなり沖にオオハム8羽を発見!  色や模様ははっきり見えませんが、夏羽に換羽済み? マガモ、カルガモ、キンクロハジロやオオバンも、種類が何とか分かる遠さの所も泳いでいました。

・昼間は時々声がするだけだったカイツブリ。夕方に観察室前へ出てきて、大きな声で鳴いていました♪

 

2019/5/9(木)  曇りのち晴れ 

カルガモ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、オオハム、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカル、ホオジロ

・今日も沖合にオオハム8羽のグループが。 北へ南へまっすぐ泳ぎながら、潜水を繰り返して魚を追っていました。

・カワセミが何度も前に来たようで、「チー!!」「チチチ!」という高く、鋭い声がよく聞こえてきました♪

・バイパス(国道161号)横の木立にて、イカルが美しい声でさえずっていました。

 

2019/5/10(金)  曇りのち晴れ 

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、オオハム、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、イカル

・引き続き沖合にオオハムが見られました。

・今年生まれの新世代モズが、今日もセンター前の木に。周囲を見回して昆虫などを探します。 一方で、この子の親かもしれない成鳥は、近くの木にてなわばり宣言。2回目の繁殖に入ったでしょうか。

・センターの前からもイカルのさえずりが聞こえてきました。

 

2019/5/11(土)  晴れ 

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ

・湾の南端近くにオスのホシハジロが2羽。キンクロハジロやオオバンも「エリ」の周りを泳いでいます。カフェ前の木は、幹の一部が真横に伸びていて、マガモなどの絶好の休憩場所に。

・ミサゴが何度も飛んできました。 捕えた魚を持って、陸へ向かう姿も見られました。

 

2019/5/12(日)  晴れ、曇り 

ヨシガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ

・浮島横の2本のポールに、ミサゴが1羽ずつとまり、2羽とも魚を食べていました。同時刻、沖を飛んでいく3羽目のミサゴも確認!

・珍しくホシハジロが、カフェ前の木に上がって休息していました。島の近くにはヨシガモ登場。

 

2019/5/13(月)  晴れ 

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、オオハム、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・オオハムがまだ残っていたようで、今日は沖合に5羽見つけました!

・高く鋭い声とともに、カワセミがセンター前を一直線に飛行! なかなか見やすい所にとまりませんが… 今月はほぼ毎日現れています。

 

見た鳥聞いた鳥 2019年5月1日~6日

2019/5/1(水)  曇り 

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・マガモのペアが観察室前でお食事。水際に打ち寄せられた土を越え、手前のぬかるみにも入ってきました。オオバンは陸に上がって草を食べることも。

・今年は例年以上に多数残っているキンクロハジロ。群れがいる時は湾の南端近くに浮かんでいることが多いですが、時々センターのすぐ前までやって来ます。

・「ギョギョシ!ギョギョシ!」 オオヨシキリがあちこちでさえずる季節になりました♪ 今日はセンターのすぐ南側からも声が。

 

2019/5/2(木)  晴れ  ベニシジミ、モンシロチョウなどチョウも増えてきました 

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、サンショウクイ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、ツグミ、コサメビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・広場の木の上で、コサメビタキが複雑にさえずっていました♪  繁殖地への渡り中に立ち寄ったようです。センター一帯にあまり来ないメジロも、浜辺の木の上からさえずりが聞こえてきました。

・冬鳥のツグミ、アオジがまだ残っていました。ツグミは夕方センター前の木に飛来。

・モズの幼鳥が観察室前に。 近くのヤブで生まれた子でしょうか。木から下を見降ろし、水際に降りて虫を捕獲! ここ1週間ほどモズの声をよく聞きますが、親は2回目の繁殖に入ったのかもしれません。

 

2019/5/3(金)  晴れ 

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・30羽ほどのハジロカイツブリが木津浜の北に。ほとんど渡去したホシハジロもメスが1羽見られました。

・自分で捕えたのか死がいを見つけたのか、オオバンが魚をくわえ、仲間に奪われないように逃げていました。

・珍しくカケスが登場。南の空を静かに飛んでいました。

 

2019/5/4(土)  晴れ 

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、カッコウの仲間、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、サンショウクイ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・スズメの親子が何度もセンター前に来ました。ヒナは1羽だけ? 虫を捕ってきた親に、翼をばたつかせてねだっていました。広場にいたカワラヒワも親子連れかな。

・ほぼ毎年巣を作っている小川にカイツブリの姿が。今年も繁殖するかな?

・ゴイサギの幼鳥が湾の上を飛んでいきました。 夜行性の鳥ですが、たまに昼間も現れます。

 

2019/5/5(日)  晴れ 

キジ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、コサメビタキ、スズメ、セグロセキレイ、イカル、アオジ

・ササゴイ登場!  一旦すぐ前の木にとまってから、北の小川方向へ飛び去りました。その後再び現れて、逆方向に水際を飛んでいきました。

・キジのオスもセンター前を飛行。低く、一直線に飛んでいきました。

・すぐ南側の木からコサメビタキのさえずりが聞こえてきます♪ 夕方、イカルが湖周道路の並木に鳴きながら飛んできました。

 

2019/5/6(月)  晴れ 

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、ドバト

・しばらく見ていなかったオスのホシハジロ、センターのすぐ南に来ていました。 マガモのペアが何度も観察室前を横切ります。

・台風で倒れた水際の木の根っこが、アオサギとダイサギの着陸場所になっています。 降りた後は、岸沿いを歩いて獲物を探したり、根から湖へ勢いよく降りて魚を捕えたり。

・昨日に続きイカル登場。今日は美しいさえずりも聞かれました♪

20190428_163523

体験版ガイドウォークを開催します!

5月2日~6日の5日間、朝と夕方に「体験版ガイドウォーク」を行います!  スタッフの案内で湖畔を歩くので初心者の方も大丈夫。繁殖シーズンを迎えた鳥たちや、渡り中の鳥たちの観察を楽しみましょう♪

開催日  2019年5月2日~6日の各日
集合   朝の部)8:50 夕方の部)17:00  新旭水鳥観察センター受付
所要   1時間ほど
参加費  200円(入館料込み。中学生まで無料)
ご予約なしで参加いただけます。 可能な方は、朝の部は前日17時、夕方の部は当日12時までに、電話かメールでご連絡ください(^^)/

※通常のガイドウォークと異なり、各回1組の方限定ではありませんのでご了承ください。
※1名様からOK!

 

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net
メールでお問合せ・お申込みされる場合は、念のため電話番号もご記入ください。(何らかの理由で当館からお送りしたメールが届かないことがあるため)

見た鳥聞いた鳥 2019年4月24日~29日

2019/4/24(水)  雨  

カルガモ、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ツグミ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・雨の中、湖上を飛び回るツバメたち。ユリカモメもセンターのすぐ前を飛行。

・夏羽に変わって頭が黒くなったユリカモメと、真っ白になったカモメがポールの上にとまっていました。

・今日も小川の河口近くから、「チー!!」とカワセミの鋭い声が。メインの餌場の一つになっているようです。

※鳥を探す時間を十分とれなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます

 

2019/4/25(木)  雨のち晴れ  

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ツグミ、コムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・カンムリカイツブリが見られなくなった一方、ハジロカイツブリ15羽ほどの群れを沖に発見。

・まだ抱卵が続いているのか、今日もトビが巣に座っていました。

・夕方、コムクドリがセンター前のアカメヤナギに飛来。少なくとも雌雄1羽ずついました。枝から枝へ、木から木へ移動して虫探し。

 

2019/4/26(金)  晴れ  

カルガモ、キンクロハジロ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、ドバト

・すぐ前の街路樹に、6羽のコムクドリが飛んできました♪

・上陸したアオダイショウ VS ハシボソガラスの闘いが勃発! カラスが攻撃をしかけ、アオダイショウが反撃、という展開がくり返されました。長かったバトルはカラスが飛び去ることで終結。

・今月になってからあまり会わなかったコゲラですが、今日はセンター前のアカメヤナギを上りながら虫探し。

 

2019/4/27(土)  雨のち曇り、晴れ  風の強い連休初日でした  

カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、サンショウクイ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、コムクドリ、スズメ、シメ、ホオジロ、アオジ

・湾内を飛び交うツバメ、イワツバメの数がいつもより多かったです。今日はやっとコシアカツバメも姿を見せました。

・サンショウクイが5羽、鳴きながら湖畔を飛行。 一方で、冬鳥のアオジやシメもまだ見られました。今日はツグミは確認できず。

 

2019/4/28(日)  晴れ、曇り  駐車場横のウワミズザクラがきれいに咲いています♪ 

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、サンショウクイ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、コムクドリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・今日もキンクロハジロの数が多く、岸辺から沖合まで広い範囲に見られます。マガモ、オカヨシガモもセンター前に泳いできました。

・トビが引き続き抱卵中。巣に座っているのがメス、横にとまり、なぜかくしゃくしゃの紙をくわえていたのがオスかな。 今年初めて、スズメの巣立ちびなが見られました!

・すぐ北のヨシ帯から、「ギョギョシ!ギョギョシ!」とオオヨシキリの声。センターの周りでは今年初確認(^^)/

 

2019/4/29(月)  曇りのち雨 

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・湾の出口近くでミサゴが急降下! 見事、魚を捕えて飛んでいきました。

・首を振りながら湖岸沿いを泳ぐバン。久しぶりの登場です。 キンクロハジロの数は昨日より減少。

・湖上や湖岸を飛び交うツバメとイワツバメ。窓のすぐ外もハイスピードで飛んでいきました。 ヒヨドリが木から飛び立ち、昆虫を捕えて枝に戻る「フライングキャッチ」を何度も見られました。

個展「HERE」を開催します!

平成最後、そして令和最初の個展「HERE」開催が決まりました!!

野鳥愛好家グループ「アチョーの会」メンバーである利倉嵩之さんの写真、イラストを展示します。 高島や長浜など、県内各地でじっくり野鳥を楽しみ、撮ってきた利倉さんならではの作品をお楽しみください♪ 

開催期間  4月27日(土)~5月6日(月・休)
会場  新旭水鳥観察センター ギャラリー
・4月27日は午後からの開催、5月6日は14時終了
・入館料200円が必要となります(中学生以下の方無料) なお、追加料金なしで隣の水鳥観察室もお楽しみいただけます

1555759469130  1555759472850

 

〇利倉嵩之(としくら たかゆき)

高島市内外の野鳥愛好家グループ「アチョーの会」メンバー、日本野鳥の会滋賀スタッフ
これまでに個展「なつばめ」(17年夏)「かきとり」(18年夏)、アチョーの会写真展(18年・19年冬)を開催

〇お問い合わせ  高島市新旭水鳥観察センター(0740-25-5803     mizudori@okubiwako.net)