カテゴリー別アーカイブ: 未分類

「ゴールデンウィーク探鳥会」やります!

 開催日 2017年5月3日(水), 4日(木), 5日(金)

鮮やかな新緑と青い湖面。 いい景色の中を歩きながら、いろいろな鳥を観察しましょう♪ 初心者の方も大歓迎。ガイドが見つけ方、見分け方もご紹介します。

  • 集合   朝の部 9:00  午後の部 15:30  高島市新旭水鳥観察センター 受付前
  • 所要時間  1時間ほど
  • 持ち物 帽子、飲み物、タオル。あれば双眼鏡やフィールドスコープ、図鑑
  • 湖畔の遊歩道を片道500mほど歩きながら、のんびり観察します。散歩や軽いハイキングができる靴であればOK。
  • 雨天中止
  • 参加費  無料(当日は入館料も無料)
  • 申込期限  お申込みいただかなくともOKですが、できれば朝の部は前日17:00、午後の部は当日12:00までに以下までご連絡ください。ご質問などもお気軽にどうぞ!

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803 メールmizudori@okubiwako.net

読み聞かせ+鳥の観察+お月見!

「大人のためのおはなし会 ~十五夜の湖畔で~」  9月17日(土)

「絵本による街づくりの会」の方々による読み聞かせ会。 おはなしを語り続けて47年目のベテランから1年目の新人までの語り部が、物語りや詩語りの世界をお届けします。 夕方の鳥達ウォッチングや、晴れればお月見も合わせて楽しめます♪

  • 時間   17:30~20:00頃
  • 場所   高島市新旭水鳥観察センター 水鳥観察室
  • 定員   30名(先着順)
  • 参加費  500円/人  (入館料& お茶とむしやしない付)
  • 主催 NPO法人 絵本による街づくりの会 (高島市マキノ町)
  • 参加申込  絵本による街づくりの会 事務局へ参加者氏名・住所・電話番号をFax(0740-28-8036)していただくか、事務局の携帯(080-3802-8157)へお電話ください。
  • お問合せ先  おはなし会の内容については同会事務局まで、会場自体(アクセスなど)については水鳥観察センターまでお願いいたします。

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net

こんな鳥いました! 2016年2月5日

今日、水鳥センターの周りで出た鳥です。

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、アカハシハジロ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、トビ、オオバン、ユリカモメ、キジバト、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

 

・朝、センターの正面(湖周道路沿い)のヤブでベニマシコが鳴いていました♪

・先月からだいぶ少なくなったヒドリガモ。木津浜の波打ち際に♂が1羽だけいました。暖冬の影響で、早くも移動が進んでいる?

・夕方、入り江の出口近くにアカハシハジロ♂がいるのを確認! ホシハジロなどと一緒にゆっくり泳いでいました。 約5年ぶりの確認です(^^)/

こんな鳥いました! 2015年2月4日

今日、水鳥センターとその周りで出た鳥です。

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ、ミサゴ、トビ、ヒクイナ、オオバン、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、アカハラ、シロハラ、ツグミ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

 

・湖畔を覆っていた雪が溶けたおかげか、数日ぶりにヒクイナが見られました。すぐ横でシロハラ、アオジも採食していました。

・浮き島の沖合を、かなり長ーく伸びたハジロカイツブリの「行列」が進んでいきます。その手前をカワアイサ、ウミアイサも一列になって泳いでいました。

・今日も閉館後の登場ですが… コハクチョウは4羽見られました。17:30頃に飛来したようです。

観察会やっています! 1,2月の観察会のご案内

↓コハクチョウ観察会 1月25日(日)、2月22日(日)

冬の人気者・コハクチョウが、今年も高島にやって来ました! 彼らの暮らしぶりをのぞきに行きましょう♪  野生で生き抜こうとする、たくましい一面も見られます。

  • 定員10名
  • 集合  13:40 高島市新旭水鳥観察センター受付前
  • 解散  16:00頃
  • 持ち物  防寒具、雨具、適宜 飲み物や軽食。あれば双眼鏡、フィールドスコープ一式など。
  • 館内でコハクチョウの生態などをご紹介した後、各自の車で現地に向かいます。お車でお越しになれない方は事前にご連絡ください。
  • スタッドレスタイヤ、またはチェーン装着の車でお越しください。
  • 小雨、小雪決行
  • 参加費(入館料込)  高校生以上300円 中学生まで100円
  • 新旭探鳥会(13時ごろ解散予定)後に行います。探鳥会参加の方は100円引き
  • 前日正午までにお申し込みください

 

↓ガイドウォーク(プライベートツアー)

日にちを自由に指定できる、1回一組限定の野鳥観察ツアー。プライベートツアーなので、自分のペースで湖や岸辺の野鳥が楽しめます。親子の方も初心者の方も、お気軽にお問合せください。観察しながら、野鳥の見つけ方や楽しみ方も紹介します。

  • 開催日  火曜以外の毎日(臨時休館日等を除く)
  • 集合  朝の部 8:00    高島市新旭水鳥観察センター受付前
  • 時間は変更可能です♪ 「もっと遅ければ」など、お気軽にご相談ください。
  • 往復1.5時間ほど、湖沿いの道を歩きます。帰館後に、暖かい室内からの観察も。
  • 小雨決行(傘などの雨具をお持ち下さい)
  • 参加費  高校生以上300円 中学生まで100円
  • ご希望日の前日までに、電話かメールでお申し込みください。1名様から参加できます。

 

 

↓新旭探鳥会  次回は1月25日(日)、2月22日(日)

探鳥会は初心者の方もお子様も、思い思いに野生の鳥を楽しめるネイチャーツアー。

新旭水鳥観察センターでは、日本野鳥の会滋賀と共催で「新旭探鳥会」を開催しています。なだらかな観察ルートは、琵琶湖、田んぼ、林といった多彩な自然が入り混じっていて、野鳥観察にうってつけ。水鳥やタカ類、冬の小鳥など、季節ごとにいろいろな野鳥に出会えます。

  • 開催日  毎月第4日曜日 (5月、7月は開催なし。12月は23日(祝)開催です。)
  • 集合  9:10 高島市新旭水鳥観察センター受付前
  • 解散  12:30~13:00頃
  • 持ち物  飲み物、雨具、タオル、帽子。あれば双眼鏡、フィールドスコープ一式、図鑑など。
  • お弁当を持参し、終了後に館内で食べていただくこともできます。館内のカフェHullは席数が限られていますので、ご希望の方は予約をお願いいたします。ビュッフェスタイルで、ご予約の方1,400円。
  • 小雨決行(傘などの雨具をお持ち下さい)
  • 参加費(入館料込)  高校生以上200円 中学生まで無料
  • 事前申込み不要

 

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net

 

 

年末年始のお休みについて

2014年12月29日(月)~2015年1月3日(土)は全館休館いたします。屋外トイレも使用できなくなりますので、野外散策される方はご注意ください。

水鳥観察室は1月4日(日)、カフェHullは1月7日(水)から営業開始です。

こんな鳥いました! 2014年12月7日

今日、水鳥センターとその周りで出た鳥です。

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、トビ、ノスリ、オオバン、コゲラ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

種類不明:カモメの仲間

 

・カワアイサ、ハジロカイツブリ、ノスリが観察室前を次々に横切っていきました。新旭でよく見られるけど、なかなかセンターのすぐ前には来てくれない鳥たちです。

・ホシハジロ+キンクロハジロ+カンムリカイツブリの集団から少し離れた場所に、合わせて10羽ほどのコガモがぽつんと浮かんでいました。一方、オナガガモは3種の集団の中に混じっていました。

・オオバンはよく、新旭浜園地前に固まって浮かんでいます。

・お昼頃、木津浜にコハクチョウが6羽いたとの情報をいただきました。成鳥2羽+幼鳥4羽の親子のようです。

こんな鳥いました! 2014年11月5日

今日、水鳥センターとその周りで出た鳥です。  天気:晴れのち曇り

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、ノスリ、チュウヒ、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、ウグイス、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、イカル、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

 

・朝の湖畔でキセキレイ、ジョウビタキ、カシラダカ、イカル、シメなど、いろいろな小鳥に会えました。草むらから、アオジやウグイスの「地鳴き」も聞こえてきます。

・新旭浜園地の前をノスリが飛んでいきました。他の鳥達は大騒ぎ。

・浮島の枯れ草にチュウヒが長時間とまっていました。

こんな鳥いました! 2014年10月26日

今日、水鳥センターとその周りで出た鳥です。

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、トビ、オオバン、ユリカモメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、エナガ、シジュウカラ、アオジ、アトリ、イカル、シメ、スズメ、ハシボソガラス

 

・今日は新旭探鳥会。少し暑いくらいの秋晴れの下、54種類の鳥に会いました! ジョウビタキが過去にないほどたくさん見られ、アトリやイカルの群れもあちこちに。ノスリが田んぼ横の鉄塔にとまり、僕たちのすぐ後ろをチョウゲンボウが飛んでいきました。湖は今日も水鳥達でいっぱい! アメリカヒドリもいました。

・センターの周りでシメ、アオジを初認しました。

・昨日の夕方、駐車場前の草むらから「チャッ!チャッ!」というウグイスの「地鳴き」が聞こえてきました。山や北国から冬鳥が続々やって来て、いよいよ一番野鳥がにぎやかな季節の到来です♪

こんな鳥いました! 2014年10月6日

今日、水鳥センターとその周りで出た鳥です。

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、コシアカツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、コサメビタキ、シジュウカラ、スズメ、ハシボソガラス

 

・台風18号は朝に去りましたが、その後も雨、風が強まったり弱まったり。そんな中でもセンター前は入り江になっていて、防波堤のような浮島も浮かんでいるので、外よりは波が穏やか。浮島前に数百羽、センター前に数十羽のオオバン+カモが浮かんでいました。

・ハジロカイツブリが1羽、センターのすぐ前までやって来ました。少し離れてカイツブリ、カンムリカイツブリもぷかぷか。カンムリカイツブリは片足をまっすぐ上げて「伸び~」したり、せっせと羽づくろいに励んでいました。

・すぐ前のアカメヤナギにコサメビタキがやって来ました。同じ木にはシジュウカラとコゲラも。

・今日もコシアカツバメが湖の上を次々飛んでいきました。お目当ては吹き飛ばされた昆虫かな?