見た鳥聞いた鳥 2017年7月23日~29日

2017/7/23(日) 曇り、雨  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・久しぶりにバン発見。ヒシの葉の間を、採食しながら進んでいきました。

・水際の木の下で、何羽もカルガモが休息していました。周囲の警戒を怠らず、前の歩道にヒトが来ると、飛んだり湖に退避してしまいます。

・雨がぱらつく中、ツバメとコシアカツバメが湖畔を飛び回っていました。

 

2017/7/24(月) 曇り、雨  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湾の南端に7羽のカルガモが来て、せっせと採食していました。

・今月中旬以降、ダイサギをよく見るようになりました。センター一帯では、サギは夏~9月頃が種類も数も多いです。

・ねぐら入り前に集結したのか、広場横のヤナギに、スズメが100羽以上とまっていました。

 

2017/7/26(水) 晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湖面に広がるヒシを押しのけるようにして、センター前をバンやカルガモが進んでいきました。

・カイツブリも観察室のすぐ前に。羽をお手入れしたり、翼を斜めに上げて「伸び~」。

 

2017/7/27(木) 曇り  

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、ツバメ、ヒヨドリ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・観察室前でなわばり宣言するカイツブリ、今日は特ににぎやかでした。 草に遮られて見えないことも多いですが、声の大きさで存在感バツグン。ちゃんと見える場所にも出てきます(^^)

・センター前に来たカルガモの中に親子もいました♪ 子どもは1羽。親以上に活発に動き回って採食していました。

・19:00時点で、31羽のサギが「エリ」に集まっていました。ダイサギが多いですが、湾内では今年初確認のアマサギの姿も。

 

2017/7/28(金) 曇り、晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、オオバン、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・センター横のネムノキにて、コムクドリが虫を捕っていました。そこへムクドリも飛来。

・木津浜の北に今日もカイツブリ親子が。4きょうだいはだいぶ大きくなっていました。センター前の湾内でも、2組の家族が見られています。

 

2017/7/29(土) 曇り、晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・バンの成鳥と幼鳥が、一緒に観察室前を進んでいきました。 親子かな?

・沖を、夏羽のユリカモメが100羽以上飛んでいきました。

・今年2回目の「ツバメのねぐら入り観察会」を開催。 多数飛んでいたのは観察場所である「針江」のヨシ原より南の空。 北の方を飛び交っていたツバメが次々に、僕たちの上を通ってそこへ合流していきました。