見た鳥聞いた鳥 2018年2月4日~10日

2018/2/4(日)  晴れ、曇り  夜には雪になりました

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、ミサゴ、トビ、オオバン、タシギ、ユリカモメ、アカゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ホオジロ、カシラダカ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・コハクチョウ夫妻、今日は今川近くの岸沿いで採食していました。その後センターの南側へ移動。

・木津浜前の湖面にだんだんとユリカモメが集結。その一部が浜に上がってきました。

・ウミアイサの交尾が見られました。

 

2018/2/5(月)  曇り、晴れ、雪  歩道の積雪は最大20㎝ほど

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミサゴ、トビ、ノスリ、チュウヒ、オオバン、タシギ、ユリカモメ、カモメ、カワセミ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、イカル、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湖畔の木立に佇む若いノスリ。 その後センター前の木に来ましたが…ハシボソガラスに絡まれて飛び去ってしまいました。

・チュウヒの出現に驚いて、水際にいたカモやオオバンが慌てて湖面に退避。チュウヒはそのまま、浮島へ飛んでいきました。

・カワセミが何度も見られました。水際をまっすぐ飛行したり、木にとまって獲物を探したり。

 

2018/2/7(水)  晴れ、雪  

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、コハクチョウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、トビ、ノスリ、オオバン、タシギ、ユリカモメ、カモメ、キジバト、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・岸沿いにコハクチョウのペアが2組。 ヨシの根元に首を突っ込んだり、「逆立ち」して水底へ首を伸ばして採食します。

・カモメが何羽も湾内に浮かんでいました。木津浜前にはユリカモメが多数。その一部はおこぼれを狙って、ウミアイサの群れにくっついて行動していました。

 

2018/2/8(木)  雪、曇り  近くの川沿いでヒレンジャクが見られました!

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、トビ、ノスリ、バン、オオバン、タシギ、ユリカモメ、カモメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ?、ベニマシコ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・今月は観察室前にタシギがよく来ます。 見つけにくい体色や大きさですが… 割と開けた場所にいることも多く、岸や浅い水辺を歩いて盛んに採食しています。

・縄張り巡回中のジョウビタキ♀も登場。枯れ草や低木を移動しながら、虫などを探します。雪に降りて、その上にいる小さな昆虫を食べることも。

・冬場あまり見られないバンや、雪の際に現れやすいオナガガモも湾内に。

 

2018/2/9(金)  晴れ  

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カワアイサ、ミサゴ、トビ、オオバン、セグロカモメ、カモメ?、キジバト、セグロセキレイ、モズ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、ベニマシコ、イカル、シメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・沖の取水塔にセグロカモメがとまっていました。

・イカルのグループが、駐車場前や水際の木々を移動していきます。地表近くのやぶにも降りていました。観察室前にはシメが着地。

・3羽のホオジロが観察室前に何度も飛来。アオジも遊歩道の隣で採食していました。

 

2018/2/10(土)  雨、曇り  

カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ミサゴ、トビ、オオバン、タシギ、ユリカモメ、キジバト、カワセミ、アカゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ミソサザイ、ジョウビタキ、ツグミ、ホオジロ、アオジ、イカル、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・湾の出口辺りに多くのカモが。一番多いのはマガモで、オナガガモやコガモの群れも岸沿いを泳いでいました。ヨシガモ、キンクロハジロは減少。

・木津浜前や浮島の近くなど、あちこちでホオジロガモが潜水をくり返しています。オスよりメスの方が多いようです。

・ツグミやキジバトの出現頻度が高い一日でした。