見た鳥聞いた鳥 2018年4月30日~5月5日

2018/4/30(月)  曇り

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、トビ、キジ、バン、オオバン、ユリカモメ、カモメ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、サンショウクイ、ヒヨドリ、モズ、オオヨシキリ、キビタキ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・ここ1週間ほどよく見られるバン。今日は観察室前に上陸し、打ち寄せられた土の上を歩いてお食事。オオバン、カイツブリが、潜水をくり返しながら岸沿いを泳いでいきます。

・その北側の一角にアオサギやダイサギが何度となく飛んできます。ここは魚が捕りやすいみたい。

・林からキビタキやメジロのさえずりが聞こえてきました♪ 鳴きながら空を飛んでいくのはサンショウクイ。

 

2018/5/2(水)  曇りのち雨

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、サンショウクイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、スズメ、コムクドリ、ハシボソガラス、ドバト

・湖上を舞うユリカモメがよく目立ちます。 黒い頭の「夏羽」になっている時期ですが、大部分が白い個体も見られました。「第一回夏羽」(去年生まれ)かな?   浮島横のポールや、「エリ」の支柱に降りて羽休め。

・雨の中でも、ツバメ、イワツバメが湖上や湖岸を自在に飛び回って虫捕り。

※鳥を探す時間を十分に取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2018/5/3(木)  曇り、晴れ

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、キンクロハジロ、トビ、キジ、オオバン、ユリカモメ、キジバト、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ヒレンジャク、オオヨシキリ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・センター前のアカメヤナギに、コムクドリの群れが何度もやって来ました。複数の群れが来訪したようです。

・夕方には15羽ほどのヒレンジャクがとまり、「ヒー、ヒー」と鳴き合っていました♪

 

2018/5/4(金)  晴れ、曇り

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、カモメ、キジバト、カワセミ、ツバメ、イワツバメ、サンショウクイ、オオヨシキリ、シジュウカラ、ホオジロ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・カモの中で一番多く残っているキンクロハジロ。湾の南端辺りに60羽ほどの群れがいた他、あちこちにペアや、数羽のグループが。ホシハジロは湾内に3羽。オカヨシガモのペアも見られました。

・「ヒリリ!ヒリリ!」と鳴きながら、今朝もサンショウクイが飛んでいきました。 水際の木にコムクドリの群れが飛来し、下のヨシ帯で「ギョギョシ!ギョギョシ!」とオオヨシキリがにぎやかです♪

 

2018/5/5(土)  晴れ

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、キジ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・コムクドリのメスが1羽でセンター前に来て、水際の木々で虫捕り。子どもにあげる昆虫を捕っているのか、シジュウカラやスズメも現れます。

・センター横の水際から、よくカイツブリの声が響いてきます。1羽やペアで観察室の正面にも来て、潜水したり、マコモの間で羽づくろい。今日もアオサギ、ダイサギが何度も来て魚を捕っていました。