見た鳥聞いた鳥 2018年10月28日~11月3日

2018/10/28(日)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、カモメ、アジサシの仲間、トビ、ノスリ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、オオムシクイ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、ホオジロ、アオジ

・モズやジョウビタキに加えて、ウグイスやアオジもセンターの周りで鳴き始めました♪ アオジは観察室前の見やすい所にも登場。

・アトリの群れが鳴きながら飛び、水際のヨシや木々をオオムシクイが動き回っていました。

・センター前の湾と違って、ホシハジロよりヒドリガモの方が多い木津浜前。こちらも水鳥が増えてきました。 朝の浜辺で彼らを観察していると、上をアトリやノスリが飛んでいきました。

 

2018/10/29(月)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、クロハラアジサシ?、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、アトリ、ホオジロ

・チュウヒが浮島の上を舞っていました。模様から判断すると、前回来たのと同じ個体のようです。

・湾の出口辺りをずっと飛び回る、クロハラアジサシらしき1羽。 時折魚を狙って、ほとんど垂直に湖に突っ込んでいました。

 

2018/10/31(水)  晴れ、曇り、雨  雨上がりにきれいな虹がかかりました

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ダイサギ、バン、オオバン、トビ、チュウヒ、オオタカ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・浮島の上に昨日と同一個体であろうチュウヒが登場。白っぽい腰が遠くからでも目立ちます。 島の前の浮きには、オオタカが長い時間とまっていました。

・センター前に立つアカメヤナギの同じ枝に、毎日モズがとまって縄張り宣言♪  下ではよくジョウビタキが鳴いています。

 

2018/11/1(木)  晴れ、曇り、雨  よく時雨れる季節。ぜひ雨具をご持参ください

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・色づき始めた湖周道路のケヤキ並木。エナガ、シジュウカラ、コゲラの「混群」が、にぎやかに鳴きながら移動していきます♪

・ヨシガモが減って、ますます湾内はオオバン・ホシハジロ・ヒドリガモの多さが際立っています。多くないながらもあちこちにいるのは、カイツブリ、カンムリカイツブリやキンクロハジロ。

・換羽が進んで、すっかり冬の装いに変わったオカヨシガモのオス。今日も水鳥集団の中に数ペア見られました。

 

2018/11/2(金)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・オオバン2羽が向かい合い、水上に一瞬立ち上がる場面をよく見ます。頭を前へ突き出し、相手を突こうとすることも。オス同士の「どちらが強いか・優位か」という対決でしょうか。

・饗庭(あいば)交差点の上を通る湖西線の架線に、セグロセキレイが2羽鳴きながら飛んできました。

 

2018/11/3(土)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカル、ホオジロ、アオジ、ドバト

・湾内の鳥は14種1700羽以上。オオバン、ホシハジロが際立って多いです。沖にもヒドリガモ、ヨシガモなどが帯状に群れています。

・アカゲラ、その後イカルが水際を飛んでいきました。

・ユリカモメも岸沿いを飛行。センター前の湾に来ることはまだ少ないですが、浮島横のポールにとまっていることも。