見た鳥聞いた鳥 2019年3月13日~18日

2019/3/13(水)  晴れのち曇り、雪  昨日に比べて寒く、風も強い一日でした

マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、トビ、カワセミ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、アオジ

・浮島の南側で、多数のマガモと少数のオナガガモが波に揺られていました。少し手前にコガモの一団も。

・センターの前では岸近くにキンクロハジロ、その奥にカンムリカイツブリ、マガモ、カルガモなどの集団がぷかぷか。水際ではオオバンが活発に採食していました。

・夕方、久しぶりにシメが現れ、鳴き声と共に窓のすぐ外を飛んでいきました♪

 

2019/3/14(木)  晴れ

マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ミソサザイ、シロハラ、ジョウビタキ、スズメ、アオジ

・水際を一直線にオオタカが飛行。木にとまっていたハシボソガラスが追跡していきました。

・ツバメを初確認! オオバンやカモが波に揺られている湖の上を、10羽余りが次々に飛んでいきました。

・去年の11月、湖岸の枯れ木にアカゲラのメスが空けた穴。今日の夕方もここへ戻ってきて、穴に入り、時々顔を出して周囲を見ていました。 草むらからはミソサザイの声が。

 

2019/3/15(金)  晴れのち曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ?、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ドバト

・ツバメが何羽も湖畔を飛んでいます。 今日はさえずりと「地鳴き」も聞けました♪

・湖西線の高架下のヤブから、「フィ、フィ」とベニマシコの声。

・木津浜の前にユリカモメの群れが浮かび、オオバンとヒドリガモが上陸して草を食べています。 ユリカモメの一部はせっせと湖面を突いていました。ユスリカのような昆虫を捕っていた?

 

2019/3/16(土)  晴れのち曇り  夕方コウモリを見かけるようになってきました

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ?、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ

・今年もカンムリカイツブリのオスとメスが向かい合って、「お見合い」する光景を見るようになりました。

・センター一帯ではオスよりメスの方が多いホオジロガモ。浮島沿いや木津浜の前など、よくいる場所はある程度決まっています。 潜水して獲物を捕り、浮上してもすぐ潜ってしまうので、じっくり観察するのが難しい…

・今日も、湖西線の高架下にベニマシコが来ていました。

 

2019/3/17(日)  雨時々曇り  ノウルシが地面に顔を出し始めました

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト?、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、カモメ、セグロカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、アオジ

・セグロカモメが湾内に着水。 死んだ魚が水面近くに浮いているらしく、少しずつちぎって食べていました。浮島横のポールでは「カモメという種類のカモメ」が一休み。

・つがいらしき2羽のカイツブリが、センターの南側にぷかぷか。1羽は首の色がかなり薄い個体でした。もう1羽は換羽中らしく、羽毛の濃さが顔と首で違っていました。

・観察室の南に来たモズ♂が、北から来たオスに追い払われていました。近くにはメスの姿も。こちらもペアかな?

 

2019/3/18(月)  晴れ

ヨシガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、カモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・10羽前後のウミアイサのグループが、沖に複数見られました。ハジロカイツブリの大規模な群れも出現。

・シロハラ、ジョウビタキなど冬の鳥が引き続き見られた一方、ホオジロの力強いさえずりも聞かれました♪

・夕方、水際のヨシ帯から相次いでミソサザイとウグイスの「地鳴き」が。 利用する数は少ないですが、建物横のスギが、今シーズンもスズメたちのねぐらになっています。