見た鳥聞いた鳥 2019年3月20日~25日

2019/3/20(水)  晴れ  建物の周りでも、たくさんのツクシが顔を出しています

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ?、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、カシラダカ

・カンムリカイツブリとキンクロハジロなどの集団が、湾の一番南にぷかぷか。休息したり、羽のお手入れをする仲間たちから離れ、センター前などで活発に採食する者も。

・沖にはオオバンとキンクロハジロが多く、ウミアイサのグループも複数見られました。

・センター前を縄張りにしたジョウビタキのメス。今日も定位置の枝に何度もやって来ました。 高く飛び上がり、飛んでいる昆虫を捕る「フライングキャッチ」も見せてくれました。

 

2019/3/21(木)  曇り

ヨシガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、カモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・観察室前にやって来た、ヨシガモ♂とキンクロハジロ♀。 ユスリカのような昆虫を捕っているのか、せっせと湖面にクチバシをつけていました。

・浮島のすぐ前を泳いでいるのは、大抵カイツブリかオオバンかキンクロハジロ。 島に茂る草の根元をよく見ると、カルガモが丸くなってお休み中… 少し手前でハジロカイツブリ、ホオジロガモが潜水をくり返しています。

 

2019/3/22(金)  曇り、晴れ

マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

・今月中旬以降、だいぶ少なくなったコガモ。浮島沿いを泳ぐペアを何とか確認できました。まだあちこちに見られるカモはカルガモとキンクロハジロ。

・約10羽のツグミが遊歩道とその両側で食べ物探し。シロハラもいました。今川河口の木々には、よくカシラダカの群れが来ています。

・夕方、松並木の南端にコサギが8羽集まっていました。波立つ湖面には、薄暗くなっても食事を続けるオオバン達の姿。ヒドリガモは見つからず…。ついに渡っていった?

 

2019/3/23(土)  晴れ、曇り

マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ

・昼間は風が強めで、カンムリカイツブリ、キンクロハジロ、ホシハジロが岸沿いに集まっていました。浮島の手前にホオジロガモのペア、沖側にはウミアイサのグループなど。

・ツバメ、イワツバメが湖上を飛び回っていました。イワツバメは当館前では今日が初確認。

・アカゲラはまだ森へ帰る気はなさそう?今日も17時台に、枯れ木に以前空けた穴へ入っていきました。

 

2019/3/24(日)  曇り一時晴れ、雨   霰(あられ)も短時間ですが降りました

オカヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ミソサザイ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、ドバト

・毎年巣を作る小川で「キー、キー、キー!!」と激しく鳴くカイツブリ! すぐ横に来たオオバンを威嚇していたようです。

・水際のヨシや低木を動き回るオオジュリンの中に、夏羽に換羽中なオスもいました。周りの木々にカシラダカ、ツグミ、ベニマシコなどの姿も。ミソサザイの「地鳴き」も聞かれました♪

・ユリカモメの中にも、顔に夏羽の黒い羽毛が生えてきた個体がちらほら。

 

2019/3/25(月)  晴れ、曇り 

オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・カンムリカイツブリよりも少し遅れて、ハジロカイツブリにも夏羽の個体が増えてきました。

・多数のユリカモメが浮島の近くを飛び回っていました。時々ポールに降りて羽休め。

・モズが観察室前に何度となく現れました。 夕暮れ時には「チャッ、チャッ、チャッ」とウグイスの声も。