見た鳥聞いた鳥 2019年6月5日~10日

2019/6/5(水)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ドバト

・だいぶ沖の取水塔にミサゴがとまりました。

・18:48 夕暮れの空をオオタカが飛行! 近くで繁殖中なのか、ペアらしきセグロセキレイが鳴き騒ぎながら追っていきました。ハシボソガラスも合流(?)してタカを追跡。

 

2019/6/6(木)  晴れ

オカヨシガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・浮島前でオカヨシガモのペアが豪快に水浴び。島の裏に行ってしまったり、草の間に隠れて見えないことも多いですが、他のカモや、オオバンもよく島に来ます。

・今年は数が少ないカイツブリ。それでも、センターの南側から大きな鳴き声が聞こえてきたり、1羽がよく観察室の前に浮かんでいます。

 

2019/6/7(金)  雨、曇り  夜、小川などでゲンジボタル達が静かに光っています

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・昔よりスズメが巣作りできる場所が減った中、センター周辺でも、道路標識の裏のパイプや電柱の「腕金」が主な営巣場所に。親がエサを運んでくると中からヒナの声がしてきます♪ 親子連れや、親離れした子どもが湖岸にも来て食糧探し。

・夕方になると浮島にセグロセキレイの幼鳥が集まってきます。1~2羽ずつ浮きにとまって羽休め。

 

2019/6/8(土)  曇り、雨、晴れ  風が強めで気温の低い一日でした

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・アオサギが今日も多く、頻繁に湖上を1~4羽で飛んでいきます。観察室前の、倒木の根っこに降りたつことも。細い飾り羽が風ではためいていました。

・水面に鳥がいない時も、待っているとカイツブリやオオバンがセンター前に泳いできます。

 

2019/6/9(日)  曇り  

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ?、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、ドバト

・捕えた魚を持ち、ミサゴが沖の取水塔に飛来。着いてすぐに食べ始めました。

・センター横のハシボソガラスの巣では、ヒナの見た目がだいぶカラスらしくなりました。巣の中で時々動いているのが分かります。近くのトビの巣ではヒナが羽ばたきの練習をしていたとのこと。

・西の空に珍しくコシアカツバメが登場。「普通の」ツバメは湖上や湖畔を低く飛んで虫を捕っていました。

 

2019/6/10(月)  雨、曇りのち晴れ 

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・浮島の周りをカルガモやオオバンが泳ぎ、「浮き」にとまって羽づくろい。ポールの上では、カワウやアオサギ、時にはミサゴも羽を休めます。

・すぐ前の木にカワラヒワがとまりました。きれいで複雑な声で鳴きながら、今日もセンターの周りを動き回ります。

・ 水際まで草が生えた湖岸にて、わずかな砂地にセグロセキレイが降りて虫捕り。