見た鳥聞いた鳥 2019年7月3日~8日

2019/7/3(水)  晴れのち曇り

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・カイツブリの親子が見られました!  湖面には親の帰りを待つ3羽の子。親鳥が獲物を捕って戻ってくると、一番近かった1羽が駆け寄って、それをもらっていました。

・朝夕などに、近くの森からウグイスのさえずりが聞こえてきました♪

・夕方には浮島にセグロセキレイが何羽も飛んできて、島の周りの「浮き」にとまります。幼鳥が多いようです。

 

2019/7/4(木)  晴れのち曇り  田んぼの一部でヘイケボタルが光っています♪

マガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・今年生まれのカイツブリが2羽、センター前にしばらく滞在。大きさはもう成鳥と同じくらい。オオバンが、もう1羽のオオバンに羽繕いしている場面も見られました(^^)

・マガモの換羽が始まって、体に茶色い部分が増えてきました。

・湾内の「エリ」によくアオサギがとまっています。休憩するだけでなく、水面を見つめて魚を探し、飛び降りて捕えることも!

 

2019/7/5(金)  曇り

カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ?、オオバン、トビ、コゲラ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・小鳥を騒がせながら、ハヤブサがセンターの上を通過! 鉄塔のてっぺんにとまりました。

・カイツブリの親子は2組いました。 どちらも3きょうだいみたい。生まれた日が少し違うようで、子ども達の大きさが違うのが分かります。

 

2019/7/6(土)  曇り

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・ミサゴが何度も湾の上を飛行。捕えた魚を持って飛んでいることも。複数羽が来ていた?

・コシアカツバメの幼鳥が北の空を飛び回っていました。「普通の」ツバメもセンター周辺に来て虫捕り。

 

2019/7/7(日)  曇りのち晴れ  ネムノキが独特な形の花をたくさんつけています

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・湖面に広がるヒシの葉っぱ。 その中をマガモとカルガモが一緒に進み、せっせと採食していました。カイツブリの親子も観察室前に。親鳥の背中にヒナが1羽乗っていました!

・ササゴイが浮島に飛んできて、「浮き」の上に立っていました。

・ホオジロの幼鳥が観察室前に。遊歩道を動き回って食べ物探し。

 

2019/7/8(月)  晴れ、曇り  田んぼの一部でまだヘイケボタルが光っていました

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・浮島沿いのポールや「浮き」に、いつもより多くのカワウがとまっていました。島の前や沖側を、サギが次々飛んでいき(先月より減りましたがアオサギが最多)、トビ、ミサゴ、ツバメが各々の食物を探して飛び回ります。

・数家族が合流した集団?  草刈された草地で、20羽以上のカワラヒワが採食していました。