見た鳥聞いた鳥 2019年8月14日~19日

2019/8/14(水)  曇り、雨  台風10号が接近中

オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・久しぶりにオシドリ登場! 水面を覆うヒシの葉っぱの間で、3羽が食事していました。 今の季節のオスは、メスのような色をした「エクリプス」になっています。

・「エリ」の一つに朝からダイサギが12羽とまっていました。その後数は増えたり減ったり。チュウサギとコサギもやって来ました。コサギがヒシの上に降り、獲物を狙う場面も。

 

2019/8/15(木)  雨、曇り  台風の影響で朝から強風。雨はそれほど降りませんでした

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、スズメ

・強風の中でもカワウたちは、いつも通りポールの上にとまったり座っていたり。果敢に?飛んでいる姿も見られました。ダイサギは水際の大きな木へ退避。

・湖面に広がるヒシが波を穏やかにしています。カルガモやカイツブリが、その間で休息したり採食したり。 荒天で居場所を変えたのか、久しぶりにマガモやバンも見られました。

 

2019/8/16(金)  晴れ

ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、メジロ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・ミサゴが飛んできて、湾の南側を何度も旋回。獲物の魚が見つからなかったのか、湾外へ去って行きました。

・センター前のヤブを動き回るホオジロ。 さえずりや、よく聞く「チチチ」という地鳴きだけでなく、「スィー」という声も聞こえてきます♪

・夕方になると浮島の低木や「浮き」にセグロセキレイが集結。数十羽がねぐらに使っているようです。

 

2019/8/17(土)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、セグロセキレイ、ドバト

・センター前に茂るヨシの根元から、盛んにカイツブリの声がしてきます♪  夫婦で一緒に鳴いているのか、少なくとも2羽いるみたい。

・湾の南端近くにバンの幼鳥が。湖面を覆うヒシの葉の上を、走って移動していました。

 

2019/8/18(日)  晴れ

ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、スズメ、セグロセキレイ

・浮島の前で、豪快に水浴びするオオバン。ひと段落すると島に上がって羽づくろい。 ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリなども島の周りでエサをとっています。

・ポールや「浮き」にカワウが1羽ずつとまり、暑そうに口を開け、のどをプルプル震わせています。こうやって体内の熱を逃がしているようです。

※鳥を探す時間を十分取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2019/8/19(月)  晴れ

ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ

・ヒドリガモが浮島に上がって羽休め。カルガモが、湖面を覆うヒシを押しのけるように進みながら、せっせと採食していました。

・観察室前のヨシ帯を動き回るオオヨシキリ。 さえずりの練習をする幼鳥?の声がしてくることも。