見た鳥聞いた鳥 2019年12月18日~23日

2019/12/18(水)  曇り、晴れ  コハクチョウ観察会の参加お申込み、受付中です!

オカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ホオジロ、アオジ

・湾の出口近くに群れるオオバンの間に、点々とオカヨシガモの姿も。ヨシガモ、カンムリカイツブリなどもよく混じっています。

・浮島の沖側にスズガモの小群が。今日も、島の南端などにマガモが大勢集まっていました。

※屋外観察する時間を取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2019/12/19(木)  曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、シメ、ホオジロ、アオジ

・先月と比べてホシハジロがだいぶ減りました。キンクロハジロ、カンムリカイツブリとの「混成集団」が湾内に見られますが、3種の中で大抵一番少ないのがホシハジロ。

・饗庭(あいば)交差点の上にハイタカ出現。そのまま湖の方へ飛んで行きました。

・夕方、観察室前のヤブからミソサザイの声がしてきました♪

 

2019/12/20(金)  曇り、雨、晴れ  濃くて大きな虹が長時間出ていました♪

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ、ドバト

・チュウヒ3羽が浮島の周りを飛行。ノスリの幼鳥も湖上に現れ、その後センター前の木にとまりました! ミサゴは沖の取水塔で魚を食べています。

・松並木前の浜にヒドリガモがぞろぞろ上陸。その前の湖面にいたユリカモメが、次々に木津浜前へ移動してきました。

 

2019/12/21(土)  曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、カシラダカ、アオジ

・ミサゴが一定の範囲を行ったり来たり。水面下の魚を探していました。チュウヒは浮島の周りを2羽が旋回。

・「エリ」にカワセミが2羽。時々にぎやかに鳴いていました♪

・湖周道路の桜にカシラダカが。横の田んぼで食事していたようです。

 

2019/12/22(日)  曇りのち雨  新旭探鳥会では53種の鳥に会いました!

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、アオジ

・ハジロカイツブリの群れが、魚を追って湾内にも入ってきました。ウミアイサとカンムリカイツブリも混じっています。

・今シーズン、早くからよく見られたツグミとシメ。今日もにぎやかに動き回っていました♪

 

2019/12/23(月)  雨、曇り  ここ数日、近くの田んぼにチュウサギが1羽。越冬する?

オカヨシガモ、ヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ?、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、トビ、ハイタカ?、コゲラ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・沖の取水塔に、セグロカモメと「ただの」カモメがとまっていました。

・カワアイサのグループがやって来て、頭を水に入れながら浮島沿いを直進。