見た鳥聞いた鳥 2020年8月26日~31日

2020/8/26(水)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、トビ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ

・ヒシの葉の間に浮かぶ長い棒。 バンが休憩したり、上を歩いて周りの昆虫などを探していました。 センター前で見られるバンは大抵幼鳥で、少なくとも3羽います。成鳥もたまに登場。

・日が落ちてくるとサギが次々に「エリ」に集まってきます。今が一番多い時期。19時時点で300羽以上いました! コサギとアマサギが特に多いです。

 

2020/8/27(木)  晴れ、曇り

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・朝になっても一部のサギが「エリ」に残っていて、チュウサギ、アマサギ、ダイサギが計25羽ほど見られました。

・湖上をたくさんのショウドウツバメが飛び回っていました! 彼らは東南アジアへの旅の途中。 市内の田んぼで、130羽以上の群れも見られました(^^)/

 

2020/8/28(金)  曇り、雨

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、トビ、ハシブトガラス、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、スズメ、セグロセキレイ

・ヒシの間に浮かぶ板や棒。 板の上にカルガモ親子が乗って休み、バンの幼鳥たちが角材の上を歩いていました。

・今日もショウドウツバメが飛びかっています。「普通の」ツバメも少なからず来ている様子。

※鳥を探す時間を十分取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2020/8/29(土)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、コムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・湾内にカイツブリ親子が2組(3組?)。どちらも両親と子ども2羽の家族でした(´▽`)

・コムクドリ♂が水際を飛んでいきました。エナガ+シジュウカラ+コゲラの「混群」も、にぎやかに動き回っています♪

・夕方、「エリ」に集結したサギの横にカワセミもとまっていました。

 

2020/8/30(日)  晴れ

ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、コムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ドバト

・引き続き2組のカルガモ親子が登場。 あちこち動き回っているので見られるとは限りませんが…センター前でよく食事や休憩しています。

・10羽ほどのコムクドリが、水際のアカメヤナギに飛んできました。

・19:00時点でエリに集まっているサギの中で、一番多いのはアマサギ。65羽以上いました。その後コサギも増えていきます。

 

2020/8/31(月)  晴れ

カルガモ、カイツブリ、ハトの仲間、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、シジュウカラ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・まだまだ暑い時期。カワウが口を少し開け、のどを震わせて体温を下げています。アオサギなどのサギがやっていることも。

・今夜も総勢300羽ほどのサギが「エリ」に集結!  18:30ごろはほとんどがアマサギでしたが、その後他のサギも増えていきました。