見た鳥聞いた鳥 2017年8月13日~18日

2017/8/13(日)  晴れ

カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ショウドウツバメ?、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・オオヨシキリが、静かに観察室前を動き回っていました。

・20羽ほどのコムクドリが駐車場横のカキの木に。別に数羽のグループもいました。

・オオバンの成鳥とバンの幼鳥が、今日も同時に登場。 その後バンの成鳥も見られました。

 

2017/8/14(月)  曇り  割と涼しい一日でした

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・浮島の周りをショウドウツバメが飛んでいました。ツバメやコシアカツバメも湖上を飛行。

・オオヨシキリが2羽、観察室前のヨシ帯に。 少なくとも1羽は幼鳥のようです。湾の南端近くの水際にも、別のオオヨシキリが出てきました。

 

2017/8/15(火)  雨、曇り  今日も涼しい。昼間からヒグラシがにぎやか♪

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・観察室前にカイツブリの親子がいました。子どもは2羽。両親の一方が食物を捕りに行き、もう一方は子供たちの隣に浮かんでいました。

・ツバメ、ショウドウツバメが広い範囲を飛び回っていました。湖の上だけでなく湖畔も飛行。

 

2017/8/17(木)  曇り、雨  再び気温が上昇。18時台は激しい雨に

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、トビ、バン、オオバン、ウミネコ?、キジバト、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、スズメ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・センターの少し北では、岸近くにカイツブリ親子や、バンの成鳥と幼鳥が見られました。カイツブリは浮島沿いや、湾の南端近くに点々といます。島の周りにはオオバンやヨシガモなども。

・夕方、ウミネコ?の幼鳥が沖を飛んでいました。

・珍しくキジバトがセンター前の木にとまりました。当館一帯ではあまり見ない鳥です。

 

2017/8/18(金)  晴れ、曇り  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ?、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・「居残り中」のマガモやヨシガモが今日も見られました。浮島のすぐ前を泳ぎながら、食事したり、「浮き」の上に立って羽づくろい。

・18:50時点で、サギが150羽くらい「エリ」に集結。湾内にいくつかあるエリのうち、2つのエリに大多数がとまります。

見た鳥聞いた鳥 2017年8月6日~12日

2017/8/6(日) 晴れ   台風5号の影響か、風がやや強い 

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、ホオジロ、コムクドリ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・バンが、時にヒシの葉の上を小走りしながらセンター前を進んでいきました。

・観察室の左に立つ木から、1~10羽のコムクドリが次々に飛び出して右の木へ。総数80羽くらいいたかな?

・今年最後の「ツバメのねぐら入り観察会」を開催しました。今回は針江大川の川岸から観察。ツバメは19時頃にだいぶ増え、やがて南の空に大集合!今年はねぐらの場所が変わったため「ねぐら入り」は見られませんでしたが、数は去年と同程度(4千羽くらい?)集まってくれました(^^)

 

2017/8/7(月) 雨  台風5号が夜に滋賀県を通過

カイツブリ、カワウ、コサギ、マガモ、カルガモ、トビ、オオバン、ツバメ、コシアカツバメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・強まる風雨の中でもせっせと採食する、カルガモやマガモたち。カワウはポールのてっぺんで休んでいます。

・この天候でも虫が飛ぶ(飛ばされている?)ようで、ツバメやコシアカツバメが何羽も飛び回っていました。 スズメは虫を捕りにセンターの入り口前へ。

 

2017/8/9(水) 晴れ  浜辺をウチワヤンマが飛んでいました

カイツブリ、カワウ、ササゴイ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ミサゴ、トビ、バン、オオバン、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・久しぶりにササゴイが見られました。 遊歩道の真上を飛んで行き、小川へ降りた模様。

・マガモが今日は3羽でセンター前に。縦に並んで泳いでいきました。

・木津浜沖にミサゴが2羽。1羽は飛びながら魚を探し、ねらいをつけて湖に急降下!が、漁は失敗。 もう1羽はすでに魚を持って飛んでいて、「エリ」の支柱にとまって食べ始めました。

 

2017/8/10(木) 晴れ、曇り、雨  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・オオバンの成鳥とバンの幼鳥が同時に観察室前にやって来ました。

・湾の南端近くにカルガモ8羽ほどが集まって採食、休息。 カイツブリの親子もいました。

 

2017/8/11(金)  晴れ、曇り 

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・10羽余りのユリカモメが沖を飛んでいました。冬鳥ですが、毎年8月には第一陣が見られています。

・「居残り中」のヨシガモが登場。体全体が地味な色になっている中で、のどは冬と同じく白いのが印象的。首を一周する輪っか模様も、なんとなく残っていました。 マガモやカルガモも岸近くに。

・さえずることはなくなったけど、オオヨシキリが水際を動き回っています。ヨシの間などで虫探し。時々控えめに「ゲッ」と鳴きます♪

 

2017/8/12(土)  晴れ、曇り 

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、カワセミ、コゲラ、ショウドウツバメ?、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・カワセミが静かに、直線的にセンター前を飛んでいきました。

・セグロセキレイの幼鳥が「エリ」の上を動き回っていました。虫捕りに来た?

見た鳥聞いた鳥 2017年7月30日~8月5日

2017/7/30(日) 晴れ、曇り  センターの近くでもクマゼミが鳴いていました  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・「ゲッ…ゲッ」と鳴きながら、観察室前の茂みを動くのはオオヨシキリ。 横のアカメヤナギにはコムクドリが飛んできました。

・湾の南側の湖面で、カルガモ8羽が採食。うち5羽は昨日センター前に来た個体カモ。浮島前にはオカヨシガモ、オオバン、カイツブリなどがいました。

 

2017/7/31(月) 晴れ、曇り   琵琶湖から涼しい風が吹いてきます♪

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・コムクドリ20羽ほどの群れが、カフェ前のアカメヤナギに。木のてっぺん近くや、湖側の枝にとまって虫を捕っていました。

・ムクドリは、18時台になってから次々に群れが通過。針江のねぐらへ向かうようです。

・その時間になると湾内の「エリ」にとまるサギも増えてきます。 ダイサギとチュウサギが多く、アマサギ、コサギ、アオサギも混じっていました。

 

2017/8/2(水) 曇り、晴れ   

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・「チチチチ!」というカワセミの高い声が何度もしてきました。 陸からは見えない所で獲物を捕っているようです。

・草の間では、オオヨシキリが「ゲッ、ゲゲ」などと地鳴き。

・夕方になるとツバメが多数現れて、湖のすぐ上や湖畔で虫捕り。 ねぐら入りする前に、できるだけ腹いっぱいにしておきたいのかな。

 

2017/8/3(木) 晴れ  今日もたくさんのチョウトンボが舞っています   

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、カワセミ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、カワラヒワ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・観察室前や、ヒシ群落の端っこで、1~数羽のカルガモがせっせと採食しています。約1週間ぶりにマガモも姿を見せました。全体的に茶色っぽい夏バージョン。

・先月親子で見られたバンは、昨日今日と幼鳥のみが登場。独り立ちした?  もちろん、先月の子とは別個体かも。

 

2017/8/4(金) 曇り、晴れ     

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・今日もマガモが登場。2羽がヒシの葉っぱの間を進んでいました。

・波打ち際にセグロセキレイが降りて鳴いていました♪ 流木の上には、顔や背中が灰色の幼鳥さんが。

・穏やかな夕空の下、「エリ」にとまるアマサギの亜麻色がきれいでした(*´▽`*) ダイサギが多く集まる一方、今日はチュウサギは少なかったです。18:40頃、遅れてコサギが何羽も飛んできました。

 

2017/8/5(土) 曇り、晴れ     

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・浮島横のポールや「浮き」にカワウが何羽もとまっています。羽づくろいしたり、座り込んじゃったり、水から出た後は翼を広げて乾かしたり。

・ここの所オオバンが少ないです。よく見つかるのは浮島の周り。いない時は島の沖側に行っているかも。

・「ギー!」という声とともに、コゲラがセンター前のアカメヤナギに飛んで来ます。2羽で行動しているのは夫婦かな?

 

見た鳥聞いた鳥 2017年7月23日~29日

2017/7/23(日) 曇り、雨  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・久しぶりにバン発見。ヒシの葉の間を、採食しながら進んでいきました。

・水際の木の下で、何羽もカルガモが休息していました。周囲の警戒を怠らず、前の歩道にヒトが来ると、飛んだり湖に退避してしまいます。

・雨がぱらつく中、ツバメとコシアカツバメが湖畔を飛び回っていました。

 

2017/7/24(月) 曇り、雨  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ウグイス、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湾の南端に7羽のカルガモが来て、せっせと採食していました。

・今月中旬以降、ダイサギをよく見るようになりました。センター一帯では、サギは夏~9月頃が種類も数も多いです。

・ねぐら入り前に集結したのか、広場横のヤナギに、スズメが100羽以上とまっていました。

 

2017/7/26(水) 晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、バン、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湖面に広がるヒシを押しのけるようにして、センター前をバンやカルガモが進んでいきました。

・カイツブリも観察室のすぐ前に。羽をお手入れしたり、翼を斜めに上げて「伸び~」。

 

2017/7/27(木) 曇り  

カイツブリ、カワウ、アマサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、ツバメ、ヒヨドリ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・観察室前でなわばり宣言するカイツブリ、今日は特ににぎやかでした。 草に遮られて見えないことも多いですが、声の大きさで存在感バツグン。ちゃんと見える場所にも出てきます(^^)

・センター前に来たカルガモの中に親子もいました♪ 子どもは1羽。親以上に活発に動き回って採食していました。

・19:00時点で、31羽のサギが「エリ」に集まっていました。ダイサギが多いですが、湾内では今年初確認のアマサギの姿も。

 

2017/7/28(金) 曇り、晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、オオバン、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・センター横のネムノキにて、コムクドリが虫を捕っていました。そこへムクドリも飛来。

・木津浜の北に今日もカイツブリ親子が。4きょうだいはだいぶ大きくなっていました。センター前の湾内でも、2組の家族が見られています。

 

2017/7/29(土) 曇り、晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・バンの成鳥と幼鳥が、一緒に観察室前を進んでいきました。 親子かな?

・沖を、夏羽のユリカモメが100羽以上飛んでいきました。

・今年2回目の「ツバメのねぐら入り観察会」を開催。 多数飛んでいたのは観察場所である「針江」のヨシ原より南の空。 北の方を飛び交っていたツバメが次々に、僕たちの上を通ってそこへ合流していきました。

見た鳥聞いた鳥 2017年7月16日~22日

2017/7/16(日) 晴れ、曇り、雨   

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、カワセミ、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス

・約1か月半ぶりにコムクドリが見られました♪ ムクドリの群れに少数混じっていたり、20羽ほどの一団が湖岸を移動していったり。

・オオヨシキリが「ゲッ、ゲッ」などと地鳴きしながら、水際のヨシからヨシへ移動していきました。

 

2017/7/17(月) 雨、曇り、晴れ  夕方、ヒグラシが「鳴く」ようになりました 

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・久しぶりにカンムリカイツブリが湾内に。 ヒシの群落の周りで盛んに潜水していました。

・カワウ達は浮島横のポールにとまり、口を少し開けてのどをプルプル。体内の熱を逃がしているようです。

・オオバンのグループが島に沿って泳ぎながら、湖面をつついて水草?を採食。ヨシガモやカルガモも見つかりました。

 

2017/7/19(水) 晴れ  夏らしい空。アブラゼミが鳴いています 

カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・今川の河口近くに、ゴイサギ成鳥が2羽降りていました。ヒトの接近には敏感です。

・木津浜の近くにカイツブリ親子がいました♪ 子は4羽。親鳥は潜水をくり返し、小さな魚やエビを捕ってきます。子ども達も水に潜ったり、離れ過ぎない程度にあちこち泳ぎ回ったり。元気に成長しているみたいです。

 

2017/7/20(木) 晴れ、曇り  藤棚に、コオニヤンマのヤゴの抜け殻がついていました

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・ムクドリが多い一日でした! 水際や湖畔の木々に、何度も群れが現れます。午後はコムクドリも数羽登場。

・オオヨシキリが、「ゲッ、ゲッ」と地鳴きしながらヨシ帯を移動していきました。

 

2017/7/21(金) 曇り、雨、晴れ  

カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・コサギが珍しく昼間から湾内に。「エリ」の上にとまっていました。夕方にはゴイサギの幼鳥も。

・湖面に広がるヒシの葉を、オオバンが押しのけるように進んでいきました。

・湾の出口近くにカイツブリ親子がいます。まだ小さな子が3羽。親の背中に乗せてもらっていることも(^^)

 

2017/7/22(土) 晴れ、曇り  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、コムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・ツバメだけでなく、コシアカツバメもセンターの周りを飛び交っていました。

・夕暮れ時、今年最初の「ツバメのねぐら入り観察会」を開催しました。針江の湖岸に数千羽のツバメが集まって、近くを遠くを飛び回る光景は圧巻! スズメやムクドリの大群もねぐら入り。

見た鳥聞いた鳥 2017年7月9日~15日

2017/7/9(日) 曇り、雨  岸近くの湖面を覆うのはヒシの葉。よく見ると小さな白い花が

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・マガモのメスが、ヒシを押しのけるように進みながら採食していました。

・4日連続でミサゴが見られています。実際は毎日来ているのかもしれませんが、行動範囲が広いので… 会えるかどうかはタイミング次第。

・今日も気温が上がりました。ハシボソガラスが3羽、駐車場の水たまりに飛来。今年生まれのきょうだいかな?

 

2017/7/10(月) 曇り  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・水平線にカワウの大群が出現。遠くからだと黒い線に見えます。少しずつ飛び立って、群れの形がくずれ、南へ移動していきました。

・水際にアオサギ、浮島前の「浮き」にチュウサギが降りて休息。 チュウサギは湖に浸かって「半身浴」もしていました(´▽`)

 

2017/7/12(水) 曇り、雨  安曇川方面から雷鳴も聞こえました  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・雨でもカワウはポールに座って休息し、オオバンは活発にお食事。湖岸でヒヨドリ達がにぎやかでした♪

・16時台、キンクロハジロが湾内にいるのを発見。カイツブリの幼鳥が4羽で泳いでいました。

 

2017/7/14(金) 晴れ、曇り、雨  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロ、トビ、オオバン、カワセミ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・「チー!」という高い声とともに、カワセミが観察室前を飛行。

・通常より明らかに尾が短いトビが、最近よく来ます。 尾羽が再生している途中なのか、遺伝的に短い個体なのか…  食べ物はとれているようです。

・強い雨が弱まってくると、ツバメが何羽も現れて飛び回っていました。

 

2017/7/15(土) 晴れ、曇り  湖畔のあちこちでネジバナが咲いています♪

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・夕方、浮島横にカイツブリの幼鳥が6羽浮かんでいました。立派に潜水もくり返します。

・まだ10羽余りですが、夕暮れ時、サギ達が「エリ」に集まってくるようになりました。

ツバメのねぐら入り観察会

2017年7月の開催日: 22日(土)、29日(土)

 高島市にあるヨシ原には、日が落ちてくるとたくさんのツバメが集まってきます。 数千羽が飛び回る、大迫力の光景を観察しませんか? ツバメの暮らしにも詳しくなれる、ちょっと知的な夕涼み。

  • 定員  15名
  • 集合   18:10~20 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  19:40頃
  • 持ち物 飲み物、敷き物、虫よけ。あれば双眼鏡やフィールドスコープ
  • 当館内でツバメの生態などをご紹介後、各自の車または担当者の車で観察場所に向かいます。
  • 車でお越しになれない方はお知らせください。
  • 雨天中止
  • 参加費(入館料込)  高校生以上300円 中学生まで150円
  • 申込期限 各日の前日17:00まで

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803 メールmizudori@okubiwako.net

見た鳥聞いた鳥 2017年7月2日~8日

2017/7/2(日) 曇り、雨、晴れ  夕方、細いけどはっきりした虹がかかりました♪

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ?、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・遊歩道の柵にアオサギがとまって一休み。

・今日も草むらやヨシ帯からオオヨシキリの声。今年はにぎやかに鳴く期間が長いです。

・飛んで行くスズメやサギが、虹の前を通過。きれいな光景でした(´▽`)

 

2017/7/3(月) 曇り、晴れ  ネムノキが花を咲かせ始めました

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・浮島の近くにオカヨシガモのペアがいました。カルガモやオオバンは、よく島の周りの「浮き」に乗って羽づくろい。

・19時台半ばになっても、トビの「ピーヒョロロ~」という声が聞こえてきました。

 

2017/7/5(水) 曇り、晴れ  

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ?、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、カワセミ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・浮島前をヨシガモが泳いでいました。まだまだきれいな生殖羽。 その後、オカヨシガモのペアと合流しました。

・「チー!」という高い声がした直後、センター前をカワセミが横切りました。

・エナガ、シジュウカラ、コゲラの混群が、湖畔をにぎやかに移動していきます。アカメヤナギやネムノキで虫捕り。

 

2017/7/6(木) 晴れ、曇り  

カイツブリ、カワウ、ダイサギかチュウサギ、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・ミサゴが何度か出現。センターのすぐ前も飛んでくれました!

・久しぶりにキンクロハジロが見られました。浮島の周りにはオオバンが10羽以上で来ていて、カルガモも数羽泳いでいました。夕方にヨシガモも登場。

・夕方、カイツブリの幼鳥が観察室前で休んでいました。

 

2017/7/7(金) 晴れ 

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・昨日と同じ場所にキンクロハジロがいました。

・主に田んぼで餌を捕るチュウサギですが、湖の上を飛んでいることも。ダイサギなどとの見分けに注意…

・先月より鳴く頻度は減ったようですが、今日も水際でオオヨシキリがさえずっていました。陸側からは、メジロ、ホオジロのさえずりが聞こえてきました♪

 

2017/7/8(土) 晴れ 

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・夕方、センター周辺の空に現れるツバメが増えました。 3km弱南にあるヨシ原は、日没前後、数千羽のツバメが集まって眠りに着く「集団ねぐら」に使われています(7月下旬~8月上旬がピーク)。

・19:30頃、湾内の「エリ」にダイサギが数羽とまっていました。今年もこれから、エリや浮島に集まって休息するサギが増えてくると思います。

見た鳥聞いた鳥 2017年6月25日~7月1日

2017/6/25(日) 曇り、雨

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、ホトトギス、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・オスのヨシガモとペアのオカヨシガモが、浮島の周りを泳いでいました。

・ヨシ帯に生えるアカメヤナギにホトトギスが飛んできました。枝から枝へ動き回って毛虫を捕食!

・その奥の湖面にカイツブリの巣があって、つがいの片方が座って守っていました。

 

2017/6/26(月) 曇り、晴れ

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ?、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ?、ミサゴ、トビ、ハヤブサ、オオバン、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・オオバンやヨシガモなどが、浮島に茂る草の間で羽づくろい。

・沖を進むカワウの列がなかなか途切れず… 今日見た群れは特に大規模でした。1000羽以上いたかも?

・夕方、ハヤブサが岸近くを飛んでいきました。

 

2017/6/28(水) 曇り、晴れ

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、トビ、キジ、オオバン、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・例年この時期にはあまり鳴かなくなるオオヨシキリですが、今年はにぎやか。

・今川の川岸から、「ケーン!ケーン!」というキジの大きな声。

・割と大きくなったカイツブリのヒナが2羽、観察室の前に浮かんでいました。

 

2017/6/29(木) 曇り、雨、晴れ

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、キジ、オオバン、コゲラ、ツバメ、コシアカツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・エナガの群れが、虫を探しながら木から木へ、枝から枝へ。今年生まれの幼鳥が多いです。よくシジュウカラも同行。

・朝、コシアカツバメが湖上を飛び回っていました。にごり気味な「イッ、イッ」という声や、もう少し複雑なさえずりも披露♪

 

2017/6/30(金) 雨、曇り

カイツブリ、カワウ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、キビタキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・近くの林からキビタキのさえずりが聞こえてきました♪

・観察室前に茂る草の間でマガモが一休み。 浮島の周りにはカルガモの他、ヨシガモやオカヨシガモもよくいます。今日は久しぶりにホシハジロも登場。

 

2017/7/1(土) 雨、曇り、晴れ  湖面のヒシが、小さな白い花をどんどん咲かせています

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、キビタキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・センター前から時々、カイツブリの大きな声が聞こえてきました♪ 縄張りにライバルが入ってきて、激しく鳴きながら追い払う場面も。マコモやヨシが茂っていて見えませんが… 岸近くに巣がありそう。

・朝、昨日と同じ林からキビタキの美声が♪

見た鳥聞いた鳥 2017年6月18日~24日

水鳥観察センター一帯(センター前の湾、木津浜、沖、湖畔)で会った鳥たちです♪ これ以外の鳥を見た方は、ぜひ情報をお寄せください。

2017/6/18(日) 曇り

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コチドリ、コゲラ、ヒバリ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ドバト

・岸沿いにマガモ、浮島前にカルガモやオカヨシガモがいました。 オオバンはその両方に。

・近くの家の屋根でセグロセキレイがさえずっていました♪

・トビが湖面すれすれまで降下して魚をゲット。…生きていたのか、死骸かは不明。

 

2017/6/19(月) 晴れ

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ?、アオサギ、カルガモ、オカヨシガモ、トビ、オオバン、コチドリ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・夕方になると、浮島の周りの「浮き」にセグロセキレイが1羽ずつとまります。見える範囲だけで、10羽以上いました。

・昨日と今日、センター前から「ピユ」「ピィ」というコチドリの声。 姿は見えませんでしたが、湖上を低く飛んでいったようです。

 

2017/6/21(水) 雨、曇り

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ?、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湾の南端近くに、カイツブリの大きくなった幼鳥と両親がいました。木津浜の北には別の親子が (^^)

・雨が弱まると、少し離れた所でさえずるオオヨシキリやホオジロの声も聞こえてきました♪  観察室前ではカイツブリがにぎやか。

 

2017/6/22(木) 晴れ、曇り  ヘイケボタルの発光がピーク? 

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、カワセミ、コゲラ、ツバメ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・気がつくと、観察室前に茂るマコモの間でマガモが休息中。 オオバンは湖面をつつくように採食しながら現れます。時々、犬のような声で「キャンッ!」。

・湖岸にハシボソガラスの親子がいて、親鳥が食べ物を子ども達に与えていました。

 

2017/6/23(金) 晴れ、曇り

カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、イワツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・今川の周りをゴイサギ2羽が飛んでいました。 セグロセキレイに比べ、センター一帯ではあまり見ないハクセキレイですが、今日は木津浜に降りて虫を捕っていました。

・遊歩道横のネムノキではスズメが虫捕り。ガの幼虫を捕らえ、道に降り、叩きつけて弱らせてから飲み込みました。

 

2017/6/24(土) 曇り

カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ミサゴ、トビ、オオバン、コゲラ、ツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、エナガ、シジュウカラ、ホオジロ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・ミサゴが湾の上に出現。 近くの山に巣があるのか、魚を捕まえるとよく 湖→陸へセンターの横を飛んでいきます。

・夕方、ムクドリ数十羽の群れが次々にセンター前を通過。ねぐらに向かって飛んでいきます。スズメの群れも同じ方向へ。