見た鳥聞いた鳥 2019年12月4日~5日

2019/12/4(水)  曇り、晴れ  虹がよくかかる季節になりました

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、カモメの仲間、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・浮島の上を舞い、島に降り、やがてまた飛び立つチュウヒ。 ハシボソガラスやトビと空中で争う場面も。

・カワアイサがセンター前まで泳いで来ました。頭を水に入れ、獲物を探しながら進んでいきます。

 

2019/12/5(木)  曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、アオジ

・オオタカがセンター前を飛んでいきました! 飛行ルート上の水鳥は慌てて逃げ、カンムリカイツブリ+カモの群れはぎゅぎゅっと密集。

・ジョウビタキが観察室前のヤブへin。 入る前に目星を付けていたらしく、すぐキリギリスの仲間を捕え、出てきて食べていました。

コハクチョウ観察会のご案内

開催日  2019年12月22日(日)、2019年1月18日(土)、2月1日(土)

冬の人気者・コハクチョウを見に行く観察会。今年度も開催します! ハクチョウは美しくてかわいいだけでなく、いろいろな仕草を観察しやすいのも魅力です。

  • 定員  各回15名
  • 集合   10:40 当館受付にて観察会ご参加の旨 お伝えください
  • 解散   12:30頃
  • 持ち物  防寒具、飲み物、雨具。 お持ちの方は双眼鏡、フィールドスコープ、図鑑など。
  • 当館でのガイダンスの後、車で観察場所へ移動します。スタッドレスタイヤやチェーン装着の車でお越しください。
  • 観察地までの距離  最長 片道10kmほど
  • 小雨、小雪決行
  • 参加費(入館料込)  高校生以上500円 中学生まで250円
  • 前日17:00までに、電話かメールで要申し込み

 

※スタッフ車の後に、参加者の皆様の車が続く形で移動します。 ハクチョウを見つけたら下車して観察! 公共交通でお越しの方はスタッフの車(人数が多い場合は他の参加者様の車)にお乗りください。

※お車の方へ: 公共交通でご来館の方を同乗させていただけないか、お願いする場合がございます。

※安全を第一に行いますが、運転中や観察地での怪我・事故について責任は負いかねますので、予めご了承ください。

※ハクチョウは人馴れしていないため、少し離れた場所から観察します。

 

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net

メールでお問合せ・お申込みされる場合は、念のため電話番号もご記入ください。(何らかの理由で当館からお送りしたメールが届かないことがあるため)

見た鳥聞いた鳥 2019年11月27日~12月2日

2019/11/27(水)  曇り、晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、カシラダカ

・300羽はいそうな、ハジロカイツブリの大規模な群れが沖に登場。 湾内にも「単独行動派」がよく入ってきます。

・湾の真ん中辺りで、オナガガモ10羽のグループがぷかぷか休息。

・駐車場横とセンターの西から、同時にモズの「高鳴き」が響いてきました♪ 同じく冬季1羽ずつなわばりを持つジョウビタキ、観察室前のヤブをメスが動き回っていました。

 

2019/11/28(木)  曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・南からチュウヒが現れて、浮島一帯を飛び回っていました。直後、もう1羽登場! 島の草の間や低木に降り、しばらくするとまた飛び立ちます。

・ミサゴは今日もポールの上で、捕えた魚を食べていました。

 

2019/11/29(金)  晴れ  夜、ヤギ小屋の前をホンドダヌキが歩いていました

マガン、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カシラダカ

・浮島沖にもオオバン多数。ヨシガモも所々にいて、真っ白なのどが遠くからでも分かります。2羽のマガンも来ていました!

・ユリカモメが湾内を飛び回って魚?捕り。今津漁港の柵に、大勢並んでとまる光景がよく見られます。

2019/11/30(土)  晴れ、曇り

マガン、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ?、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カシラダカ、アオジ

・今月、市内でよく見られていた2羽のマガン。センター前の湾にも時々来るようになりました! 昨日に続き今日も現れ、浮島のそばをゆっくり泳いでいました。

・今日も、センター前と島沿いに水鳥のまとまった集団が。 センター前はホシハジロ・キンクロハジロ・カンムリカイツブリ、浮島はオオバン・ヒドリガモ・マガモが多数派です。沖ではヨシガモ・カワアイサなども波に揺られていました(^^)

 

2019/12/1(日)  晴れ

マガン、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、カシラダカ、アオジ

・この冬も、オオバン・ホシハジロ・キンクロハジロ・カンムリカイツブリが、特に数が多い「四大勢力」に。他にも3日連続出現のマガン、ホシハジロなどの間にいたスズガモやミコアイサ、白い体が目立つカワアイサなど… 多くの種類の水鳥が見られました!

・「エリ」の柱にオオタカが長い間とまっていました。

・冬、1羽ずつなわばりをもつジョウビタキ。 観察室前の柵に、隣り合うなわばりの所有者であるオスとメスが同時に飛来。…特に争いは起こりませんでした。

 

2019/12/2(月)  雨時々やむ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、カシラダカ、アオジ

・松並木南端のちょっとした浜に、カルガモやヒドリガモが上がって休憩やお食事。 すぐ横の湖面に、カワアイサが6羽いました。

・10羽以上のツグミが水際や駐車場横の木々を動き回っています。シメもよく鳴きました♪

・木津浜前の植込みを、ウグイスが「地鳴き」しながら動き回っていました。

見た鳥聞いた鳥 2019年11月20日~25日

2019/11/20(水)  曇り、雨

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ズグロカモメ、セグロカモメ?、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、カシラダカ、アオジ

・ズグロカモメが湾内に!  風に逆らうようにして、あまり位置を変えずに飛び続けていました。そばにユリカモメも登場。

・センター前などの湖岸を、アオジ、カシラダカが鳴きながら動き回っています♪

・アカゲラが広場の木々を動き回って食物探し。木立からシメの声が聞かれ、20羽以上のツグミの群れもとまりました。

 

2019/11/21(木)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、グロカモメ?、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、カシラダカ、ドバト

・センター前にオオタカが現れカモを急襲! …が、狩りは失敗。 そのまま飛んでいって水際の木にとまりました。

・ホシハジロ、キンクロハジロなどの群れの中に、ミコアイサ2羽も浮かんでいました。今シーズン初確認!

 

2019/11/22(金)  曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・ミコアイサ、今日は6羽見られました! いずれもメスタイプ。

・水際を飛びながら鳴く、カワセミの高い声が何度も聞こえてきます♪  魚を捕りに入っていたらしく、ヨシ帯から突然アオサギが飛び出しました。

・湖周道路の色づいたケヤキ並木を、シジュウカラ+エナガの群れが動き回って虫捕り。

 

2019/11/23(土)  晴れ

マガン、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、カシラダカ

・沖にマガン登場! 最近安曇川町で見られていた2羽かな? ヨシガモの数が少し増え、カワアイサやウミアイサも見つかりました。

・2羽のカワセミが、水際を一直線に飛んでいきました。

 

2019/11/24(日)  晴れのち曇り  今日の新旭探鳥会では54種の鳥が出現!

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、ハイタカ、オオタカ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、イカル、ホオジロ、カシラダカ

・カワアイサが頭を水に入れながら進む、「おなじみの行動」も見られるようになりました。 沖にはウミアイサやホオジロガモの姿も。

・カモを急襲するオオタカ、しかし狩りは失敗。ハイタカが私たちのすぐ近くを舞ってくれました。

・木津浜の木立からは、今シーズン出現率が高いツグミ、シメの声♪  エノキの実を食べに来たのかイカルのグループも飛んできました。

 

2019/11/25(月)  晴れのち曇り

マガン、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

・マガンが2羽飛んできて、今日は湾内に着水しました!

・浮島の前にトモエガモが7羽。 コガモのグループも一緒に泳いでいます。島の南端辺りに、今日もマガモが大勢集まっていました。

・20羽くらいのエナガが、虫を探しながら水際の木から木へ。いつもより大所帯な群れでした(^^)/

見た鳥聞いた鳥 2019年11月13日~18日

2019/11/13(水)  晴れのち曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、カシラダカ

・チュウヒがセンターのすぐ前を飛行! 島の横のポールでは、ミサゴが長時間休息していました。

・「チ、チ、チ」 観察室前のヨシ帯からカシラダカの声がしてきました♪ 今シーズン初の確認。

 

2019/11/14(木)  曇り時々雨

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、カシラダカ

・昨日より水鳥は減少。それでもキンクロハジロ+ホシハジロ+カンムリカイツブリの群れが岸近くに浮かび、沖合でも大勢の鳥が波に揺られています。

・沖に細長く群れるユリカモメ。よく見るとその間にハジロカイツブリの集団もいました。 やはり、カイツブリたちに追われた魚を狙ってきたようです。

 

2019/11/15(金)  晴れ  湖周道路のケヤキ並木がきれいに色づいています

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、カシラダカ

・オオバンが再び増えました。湾内ではホシハジロ、沖ではヨシガモの数が減った一方、キンクロハジロやマガモが増加。

・日中はまだあまり見ないツグミですが、夕方、センター前を通ってねぐらへ向かいます。

 

2019/11/16(土)  晴れのち曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ホオジロ

・沖にカワアイサ3羽や、今シーズン初確認のホオジロガモ5羽も見られました。

・ノスリが何度も登場。ハシボソガラスに追われていたり、センターの横の木にとまったり。

 

2019/11/17(日)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、カシラダカ

・カンムリカイツブリが観察室の前でも潜水をくり返していました。まとまった群れはあまり見られず、オオバンやカモの間にあちこち混じっています。

・コガモのオスたちも、すぐ前に来て休息。換羽の進み具合は個体によって結構違います。

 

2019/11/18(月)  曇り、雨

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カシラダカ、アオジ

・チュウヒが何度も浮島の上を飛翔。 今日もいつものポールにミサゴがとまりました(^^)/

・他の水鳥が増えると目立ちませんが…「普通の」カイツブリも意外と多くいます。オナガガモ、カルガモもこの時期としては多数見られました。

・朝のセンター前で、2羽のジョウビタキがなわばり宣言。きれいな声ですが、ライバルも同時に鳴いて当人はピリピリしていたかも。

見た鳥聞いた鳥 2019年11月6日~11日

2019/11/6(水)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・水鳥の大群の中に、オナガガモやハシビロガモ、スズガモも見られました。昨日(休館日)はメジロガモ、オシドリ、トモエガモも確認!

・魚を捕りながら進むハジロカイツブリの一団に、多数のユリカモメがついて行きます。

・巣穴を広げているのか、修繕中なのか、アカゲラが巣の中でせっせと作業していました。時々木くずを外へ。

 

2019/11/7(木)  晴れのち曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・観察室前の柵にジョウビタキのオスとメスが同時にとまりました。モズも来たせいか、なわばり争いはせず。

・大勢群れるホシハジロなどの間を、スズガモのメス2羽が泳いでいきました。

・かなり沖にも、マガモ、カルガモ、ハジロカイツブリなどがいて、カワウやカモメ類が飛んでいます。

 

2019/11/8(金)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、チュウヒ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・チュウヒが2羽同時に出現。浮島の上などを舞っていました。

・浮島の南にマガモが集まってぷかぷか。昨シーズンよく見られた光景です(^ ^)  その手前に浮かぶ水鳥集団の中に、10羽以上のハシビロガモや5羽のオナガガモも見られました。

 

2019/11/9(土)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、オオムシクイ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アオジ

・「ジジッ」 バイパス横の木立からオオムシクイの声がしてきました♪

・センター前に、何度もエナガの群れが来て虫捕り。渡ってきたばかりのツグミが「クワクワッ」と鳴いていました。

・なわばりの境界が確定したのか、モズの鳴く頻度は下がってきました。

 

2019/11/10(日)  晴れのち曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・センター横の湖面へミサゴが急降下!魚を見事捕えて飛んでいきました。ノスリも建物の上を飛行。

・今日も、観察室前の柵にジョウビタキが何度もとまりました。 キリギリスの仲間を捕り、切り離した脚を食べ、その後胴体もごっくん! そして、いつも同じルートで駐車場方向へ去ります。

 

2019/11/11(月)  曇り一時雨、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメの仲間、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・オカヨシガモが少し増えました。オスもシブい色のカモですが、真っ黒なお尻が特徴の一つ。一部は夏も残っていた「残留組」? コガモやハシビロガモ、オナガガモなども、ホシハジロなどの間に少数混じっています。

・「チャッ、チャッ」 17時を過ぎて暗くなって来ても、駐車場前の茂みからウグイスの声がしてきます♪

見た鳥聞いた鳥 2019年10月30日~11月4日

2019/10/30(水)  晴れ、曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ

・今川横の木立でイカルが鳴いていました♪ 今シーズン初めての確認。

・ハジロカイツブリが密集した群れが、いくつも沖を進んでいます。他の水鳥と一緒に、木津浜前に浮かぶ「単独行動派」も。 センターの南にカンムリカイツブリが何羽もいました。

・市内でもコハクチョウ発見の報が入りました! 旧道の駅近くに3羽いたそうです。

 

2019/10/31(木)  晴れ

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ウグイス、ジョウビタキ、セグロセキレイ、シメ

・今シーズン初めて、センターからコハクチョウが見られました! 南側の水面をゆっくり泳ぎ、ヨシの間へ入ってお食事。その後沖へ移動しました。

・ヤギ小屋横の枯れ枝に、ジョウビタキ♀がとまって鳴いていました♪  水際の茂みからはウグイスの「地鳴き」が。

・ポールの上で魚を食べるミサゴ。 オオタカが南へ、湖上を一直線に飛んでいきました!

 

2019/11/1(金)  曇り、晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、シラサギ類、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・湾の一番奥にも、オオバンやホシハジロが群れていました。彼らの間に3羽のハシビロガモも。

・センター前には中々とまりませんが… 9月下旬以降カワセミがよく来ます。今日も、「チチチチ!」という高い声とともに水際を飛び、近くの低木にとまりました。

 

2019/11/2(土)  曇り、晴れ

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・13時ごろ、2羽のコハクチョウが観察室前に! 時々食事しながら岸沿いを進みます。 その後も、湾の真ん中を泳いでいったり沖に現れたりと、夕方まで姿を見ることができました。

・ミサゴが何度も出現。魚を探しながら、窓のすぐ外も飛んでいきました。

・出入口の横のススキにホオジロがとまりました。種がお目当て?

 

2019/11/3(日)  曇り、晴れ  路上に時々カマキリがいるので、つぶさないように…

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ハマシギ、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、アオジ、ドバト?

・木津浜の波打ち際に珍しくハマシギが降りました。打ち寄せられた土や植物などのカタマリに、盛んにクチバシを入れて虫?探し。

・浜の前では2羽のジョウビタキが、1本の木を舞台になわばり争いしていました。 エナガの群れも登場。じっと見ていると近づいてきて、僕たちの真横の木までやって来ました♪

・カンムリカイツブリが少しずつ増加中。 オオバンなどの大群より手前に、27羽の一団が浮かんでいました。

 

2019/11/4(月)  晴れ  風が強め。木枯らし1号が吹いたそうです

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・水鳥集団の構成メンバー  特に多いのがオオバンとホシハジロで、ヒドリガモ・キンクロハジロ・カイツブリ・カンムリカイツブリもあちこちにいます。彼らの間に少数のヨシガモ、マガモ、コガモ、オカヨシガモも。

・観察室の目の前に、オス、メスのジョウビタキが続けざまに登場。一方がもう一方を追うような動きも見られました。なわばりの境界は未確定?

見た鳥聞いた鳥 2019年10月24日~28日

2019/10/24(水)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ホオジロ、アオジ

・浮島~湾の出口にかけて広がる水鳥の大群がさらに大規模に。 オオバンとホシハジロが「二大勢力」となり、ヒドリガモは減ってきました。 木津浜はヒドリガモが多く、潜って水草をとるオオバンに付きまとって、おこぼれを狙う姿も見られます。

・水際のヨシ帯から「ツッ、ツッ」とアオジの声が。センター前では今シーズン初の確認です♪

 

2019/10/25(木)  晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・数は少ないですが、キンクロハジロもよく見るようになってきました。オスのお腹には茶色っぽい羽もまだ目立ちます。真っ白になるのはもう少し先のこと。

・渡っていくなどして「白いサギ」の数がだいぶ少なくなりました。

・夕方の空を、ハヤブサが一直線に飛行!

 

2019/10/26(金)  晴れ、曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオムシクイ、ムクドリ、ノゴマ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、アオジ

・小川の河口でノゴマに会いました!  のどの朱色が鮮やか♪ 橋の横の低木に入りましたが、モズに追われたのか上流側へ移動。

・何羽ものシメが鳴きながら動き回っていました。ジョウビタキ、アオジ、ウグイスも確認。いよいよ陸の鳥も増えてきました(^^)

・浮島の上をチュウヒが舞い、オオタカが島に茂る草に降りて休憩。

 

2019/10/27(日)  晴れ、曇り  今日の新旭探鳥会では43種の鳥が登場!

ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、オオムシクイ?、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ

・浮島横のポールのてっぺんで、ミサゴが捕えた魚を食べていました。

・オオムシクイと思われるムシクイが観察室前に。 枯れたヨシにエナガ+シジュウカラの混群が来て虫探し。

・暖かな陽気のためか、入口前の電線でホオジロがさえずっていました♪

 

2019/10/28(月)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、オオムシクイ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・久しぶりに、オオバンの群れが観察室前に。真っ逆さまに潜水する様子もしっかり見られます。同時にヨシガモ、カイツブリも出てきました。

・昨秋空けられた枯れ木の穴に、アカゲラ♀が入っていました! 巣の制作者と「同一人物」かな? 時々、穴から顔を出してキョロキョロ。

見た鳥聞いた鳥 2019年10月16日~22日

2019/10/16(水)  晴れ  ミゾソバがピンク色の花をたくさんつけています

オシドリ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、シラサギ類、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・水鳥の数がさらに増え、浮かんでいる範囲も広がりました。これまで別々だった、浮島前と湾の出口辺りの集団が一つに「合体」。 特に多いのはオオバン、ヒドリガモとホシハジロ。

・センター前のヒシが残る湖面に、他のカモと一緒にハシビロガモも来ていました。

 

2019/10/17(木)  曇り  田んぼでは渡り中のノビタキが多数見られます

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、シラサギ類、オオバン、トビ、オオタカ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオムシクイ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・「ジジッ」という声とともにオオムシクイが何度か登場。水際のヨシやアカメヤナギを動き回っていました♪

・朝、交差点の上空をコシアカツバメが何羽も舞っていました。

・夕方、「エリ」にオオタカがとまっているのを発見! やや小ぶりに見えたのでオスでしょうか。

 

2019/10/18(金)  雨、曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コシアカツバメ、ヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ

・ユリカモメが何度も現れて、センターのすぐ前も飛んでいきました。

・ヨシガモの換羽も進んでいます。 顔に緑の金属光沢を帯びた羽毛も。のどは真っ白になり、遠くからでも目立ちます。

・オオバン、ホシハジロが大きく増えました。ヒドリガモはやや減少。

※鳥を探す時間を十分とれなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2019/10/19(土)  雨のち曇り、晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ?、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメの仲間、ヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ

・今季よく見つかるハシビロガモ。他の水鳥たちの間を、数羽のグループで泳いでいます。換羽が本格化するのはまだ先のよう。

・久しぶりにカンムリカイツブリ発見。冬羽になった2羽が、カモ類+オオバン集団の近くに浮かんでいました。

 

2019/10/20(日)  雨のち曇り、晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメの仲間、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ

・これまでよりセンターに近い所まで、水鳥の群れが広がっていました。オオバンとヒドリガモの数が多く、ホシハジロが続きます。沖にも別の群れがいて、その中には久しぶりに登場のオナガガモも。

・夕暮れ時、コサギ31羽が「エリ」に飛んできました。

 

2019/10/21(月)  雨のち曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ツツドリ?、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コシアカツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・センター前をアカゲラが飛行!時々近くから声もしてきます♪  夕暮れ時には、北側の木々を動き回る姿が見られました。

・ツツドリ? 窓のすぐ外を、カッコウの仲間が今川方面へ飛んでいきました。

・南の湖上からチュウヒが飛んできて、浮島の上を舞っていました。

 

2019/10/22(火)  晴れ、曇り  アサギマダラが飛んでいました

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ?、カワラヒワ

・今年もアカゲラが見られるようになりました♪  昨シーズンよく来ていたのはメスですが、今日センターの横にいたのはオス。

・アトリらしき小鳥12羽が、朝の湖岸を飛んでいました。カワラヒワも、センターから確認したのは久しぶり。

見た鳥聞いた鳥 2019年10月9日~14日

2019/10/9(水)  晴れ

オシドリ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、スズメ、セグロセキレイ

・観察室前にミサゴが飛んできて、湖めがけて急降下!勢いよく水面に突っ込みました!…が、魚は捕れず。

・湾内に一番多いカモはヒドリガモ。湾の出口近くに、今日も細長い群れをつくっています。見かけることが増えてきたホシハジロ、キンクロハジロも近くにいました。

 

2019/10/10(木)  晴れのち曇り

オシドリ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、オオムシクイ?、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・14:30現在 湾内にオオバン約100羽、カモ約170羽をカウントできました! 他の水鳥では、カワウが10羽以上、バンとカイツブリが10羽弱ずつ。

・沖に100羽ほどのハジロカイツブリの集団が。

・観察室前のアカメヤナギをムシクイの仲間が動き回っていました。オオムシクイ?

 

2019/10/11(金)  曇り

オシドリ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、トビ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメの仲間、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・カモで一番多いのはヒドリガモ。換羽が始まり、他のカモと見分けやすい見た目になりつつあります。 コガモ、ヨシガモの増加も目立ちます。

・キセキレイ、セグロセキレイが窓のすぐ外を何度も飛行。 館内にもしっかり声が聞こえてきました♪

 

2019/10/12(土)  雨  台風19号の接近で大荒れ。通過後も皆様、安全にご注意ください。

ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、カワセミ、モズ、ヒヨドリ、スズメ、キセキレイ

・風が強まり、湖面が上下する中、今日もカモやオオバンが湾の出口などに群れていました。浮島横のポールの上に、いつもと変わらずカワウたちがとまっています。

・昨日見られなかったコサギ。「エリ」やセンター前に何羽も飛んできました。

・センターすぐ北の遊歩道に、2羽のキセキレイが降りました。午後になっても、雨風の向こうからモズの高鳴きが聞こえてきます。

 

2019/10/13(日)  曇り時々雨、のち晴れ 

オシドリ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ?、セグロセキレイ

・ヒシが刈り残されたセンター前に、9羽のオシドリが来ていました!他のカモより一足先に、オスはほぼ冬の装いに。 ヨシガモやカルガモ、バンも現れて、せっせと食事しています。

・水鳥の集団の中に、だんだんホシハジロが増えてきました。

・数十~100羽ほどのハジロカイツブリ集団が沖に見られるようになりました。 一方で、岸近くを少数で泳いでいたり、「普通の」カイツブリと一緒にいる姿も目にします。

 

2019/10/14(月)  雨のち曇り  アオダイショウの幼蛇が見られました

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミの仲間、スズメ、キセキレイ、セグロセキレイ

・頻繁にコシアカツバメのグループが飛んできました。 ショウドウツバメも時々現れ、ハイスピードで湖上や岸辺を飛行!

・ミサゴ2羽が湾内を飛び回り、何度も魚めがけて湖へ突っ込みます! 成功率は低いですが…見事捕えて飛んでいくところも見られました(^^)

・200羽くらいいる?沖にハジロカイツブリの大きな群れが登場。