新旭の鳥 近況紹介  2019年3月23日号

※平成最後、そして令和最初の個展「HERE」を開催します!野鳥愛好家グループ「アチョーの会」メンバー / 日本野鳥の会滋賀スタッフの利倉嵩之さんの写真、イラストをギャラリーで展示(^^)/ 4月27日~5月6日開催です。

※一回一組限定の観察ツアー「ガイドウォーク」。 いろいろな鳥を見つけたり、その仕草を観察したり。1名様から対応可能です!  詳しくはガイドウォークのページをご覧ください♪  春~初夏は鳥の移動シーズン。意外な種類も来ているかも。

※5・7月以外の第4日曜日に開催の新旭探鳥会、次は2019年4月28日に行います! ご予約不要。

※誠に勝手ながら、カフェは当面の間、土日・祝日・月曜のみの営業とさせていただきます。水鳥観察室は休館日(火曜日)以外ご利用いただけます。

 

 

 

カワアイサをほとんど見なくなった一方、
ウミアイサのグループが今日も沖を進んでいます。
メスの方がよく見られるホオジロガモは、岸近くでも盛んに潜水!

木津浜一帯のヒドリガモはほとんど去ったようで、
今はオオバンだけが上陸して草を食べています。

カモの中でまだ多く残るのがキンクロハジロ
波風が強いとセンター前へ集まり、カンムリカイツブリ
ホシハジロと共に岸沿いに群れています。
カンムリカイツブリは時々求愛ディスプレイ♡

2月27日~3月4日と8日には、コハクチョウが3羽登場!
県内最後のハクチョウだったようで、対岸の長浜市にも姿を見せました。

トビの巣作りが進む中(もう卵を産んだ所も?)、
14日にツバメ、23日にイワツバメを初確認!
川沿いの以前子育てした茂みに、モズの雌雄が来ていました。
ツグミシロハラ、カシラダカもその辺りによくいます。

今月半ば以降、ミサゴ・トビ以外の猛禽の出現回数が減少…
繁殖地へ向けて旅立ったかな?
アカゲラは今も、夕方になると枯れ木の穴に戻ってきます♪