新旭の鳥 近況紹介  2020年4月2日号

※水鳥観察室は2020年6月1日(月)から、カフェは6月6日(土)からオープンさせていただきます。なお、4~8月の新旭探鳥会は中止となっております。

※ガイドウォークのお申し込み受付を、2020年6月1日分から再開させていただきました。ガイドの詳細やお問合せ先はこちらをご覧ください。

冬の鳥が去る季節。でも、5月頭まで渡らなかったり、旅の途中に一時寄っていく鳥もいます。カモで多く残っているのはキンクロハジロ
よくカンムリカイツブリなどと一緒に群れています。

頻繁に潜水するホオジロガモウミアイサもまだ沖に見られます。  

今日もカンムリカイツブリがお見合いしています♡ カイツブリ夫妻は大きな声でなわばり宣言。ハジロカイツブリも夏羽になった個体が増えてきました。

ウグイス、ジョウビタキ 、ベニマシコ、オオジュリン
タイミングがいいと次々に小鳥がやって来ます♪「コ、コ、コ、コ、コ」 ヒクイナのやさしい声も響きます。

時にはヒレンジャク、キレンジャクに会うことも!キヅタの実、飛んでいる昆虫などいろいろ食べています。トビエナガ、ハシボソガラスなどが巣作り中。トビはもう卵を産んだかもしれないペアもいます。

季節は春。ツバメイワツバメも姿を見せ始めました。 29日には、アマツバメも湖の上を飛行!