新旭の鳥 近況紹介  2019年9月21日号

※2019年10月22日(火)は祝日のため開館し、23日(水)に休館させていただきます

※各回1組限定の観察ツアー「ガイドウォーク」やっています! 1名様からOK。詳しくはガイドウォークのページをご覧ください♪   鳥の渡りが本格化し、意外な鳥も出やすい季節になってきました!

カフェは土日・月曜・祝日のみの営業となっております。 水鳥観察室は休館日(火曜日)以外ご利用いただけます

※当館には鳥を飼育、治療する設備がございません。また、保護する必要がない鳥が誤って拾われる例も多く聞かれます。 保護が必要かもしれない鳥を見つけた時は、こちらをご覧ください→  ヒナがいた場合ケガをした鳥の場合

湖面を広く覆っていた水草・ヒシの刈取りが今年も行われました。
カモやバンが、現れた水面や、残っているヒシの間で活発にお食事。
多くはカルガモで、8月末以降オシドリもよく見られています♪

まだまだ強い日差しの下、カワウたちがポールの上で羽を広げ、浮島沿いをオオバン、カイツブリが動き回っています。
オカヨシガモヒドリガモもよくここに。

夏の間見なかったカンムリカイツブリ、14日に久しぶりに登場!18日にはハジロカイツブリが見られました。

夕方になると、湾内の「エリ」にサギが大集合。
ダイサギ・チュウサギ・コサギ・アマサギ・アオサギ11日には155羽をカウントできました。

陸ではモズの「高鳴き」がにぎやかになってきました。
コサメビタキエゾビタキが、水際の木々を動き回って虫探し。
大きな群れは見なくなりましたが、今もコムクドリが時々現れます。