作成者別アーカイブ: admin

見た鳥聞いた鳥 2020年12月9日~14日

2020/12/9(水)  曇り、晴れ  ガイドウォークのお申込み受付中!

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ?、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・かなり沖に、500羽以上いそうなハジロカイツブリの大群が。湾の真ん中をスズガモ3羽が泳いでいきました。

・センター周辺では、秋以降ほとんど見なくなるバン。幼鳥が浮島沿いを泳いでいました。

・にぎやかな声とともに、カワセミが岸沿いを飛んでいきます♪ ヒトがいないと遊歩道横の池に来ることも。

 

2020/12/10(木)  曇り、晴れ  気温が上がったためか、キタキチョウが飛んでいました

オカヨシガモ?、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ミソサザイ、ツグミ、ジョウビタキ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ

・秋に比べて、水鳥の「種数」は変わらないか増えるものの、「個体数」は少なくなる時期。 そんな中で特に多いのはオオバン、ホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ。沖などには、ヒドリガモやヨシガモの姿も目立ちます。

・あちこちのヤブから「チャ、チャ、チャ、」というウグイスの声が。 昆虫などを探して動き回り、時々見える所に出てきます。

・夕方、観察室の前でミソサザイも「地鳴き」していました♪

 

2020/12/11(金)  晴れ

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、アオジ

・2羽のコハクチョウが沖で採食。 その際に浮いてくる草などを食べに、周りにオオバンやヨシガモが集まっていました。

・遊歩道やその上に伸びる枝にシメが来て、木の実(種子)を食べていました。ヤギ小屋の横にセグロセキレイが降りて虫探し。

 

2020/12/12(土)  晴れのち曇り、雨

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ?、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ミソサザイ、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・朝、木津浜前でコハクチョウのペアが採食していました。その後3羽加わったそうです。10羽ほどのカワアイサも、岸近くまで来て魚を追っていました。

・駐車場前の茂みを、ミソサザイやアオジが鳴きながら動き回っています。 朝暖かかったためか、近くでホオジロがさえずっていました♪

 

2020/12/13(日)  雨時々曇り  時折晴れ間も

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アオジ

・湾の奥にホシハジロが細長く集結。 その横でホオジロガモが潜水をくり返し、魚?を捕っていました。

・前回と同じ個体かな? メスのミコアイサ2羽が、マガモ達と一緒にセンター前で休息していました。

・浮島横のポールにカモメが飛来。 よくとまっている鳥はカワウ、アオサギ、ミサゴ、トビ。

 

2020/12/14(月)  雨時々曇り  時折晴れ間も

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、アオジ

・いつもより高い波に揺られながら、カワアイサも浮島沿いを泳いでいました。島の手前でホシハジロ、オオバンなどが盛んに潜水しています。 昨日と同じ場所にホオジロガモのオスが。

・沖にいることが多いハジロカイツブリの集団が、浮島の近くまでやって来ました。潜水をくり返しながら島沿いを移動。

見た鳥聞いた鳥 2020年12月2日~7日

2020/12/2(水)  曇りのち晴れ  ガイドウォークのお申込み受付中!

コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、アトリ、シメ、ホオジロ、アオジ

・木津浜前にコハクチョウが2羽。 1羽は「逆立ち」して、水中で首を伸ばしてせっせと採食。この際に巻き上げられる水草などを求めて、ヒドリガモ、ホシハジロ、オオバンも集まっていました。もう1羽は横で休息中。

・木津浜の沖にも多数の水鳥が。その中には、細長く密集したハジロカイツブリの大群や、今シーズン初確認のミコアイサもいました!

・エナガ20羽以上+シジュウカラ10羽以上+少数のメジロとコゲラからなる、大規模な「混群」に会いました。遊歩道横の木にシメも登場。

 

2020/12/3(木)  曇り、雨   よく「時雨」になり、よく虹がかかる季節になりました

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、カモメの仲間、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、アオジ

・よく大群で見られるハジロカイツブリですが、他の水鳥たちの間で「単独行動」する個体も。湾内にも1羽で来て魚捕り。

・チュウヒが時々現れて、浮島一帯を飛行。虹の光の中も飛んでいました(´▽`)    島の前にいたカモに襲いかかり、逃げられてしまうシーンも。

 

2020/12/4(金)  晴れ  朝は風が強めでしたが、その後穏やかに

コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、トビ、チュウヒ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、アオジ

・朝から2羽のコハクチョウが見られました(^^)  岸近くで食事したり、浮かびながら休息したり。観察室前でも「逆立ち」して水中の草を食べていました。

・ミコアイサのメス2羽も湾内に。キンクロハジロなどの間にぷかぷか。

 

2020/12/5(土)  晴れ

コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ツグミ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・昨日と同じ2羽かな? 木津浜へ向かって泳ぐコハクチョウたちが見られました。

・釣りのボートを避けて移動してきたのか、湾の奥にホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリが密集。 ミコアイサのメスやスズガモも来ていました。

・オオタカがセンター前を通過! 水際を一直線に飛んでいきました。

 

2020/12/6(日)  晴れ

コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・成鳥2羽+幼鳥4羽のコハクチョウが登場!親子かな。  午後になると沖へ移動しましたが、やがてセンター前の湾に戻ってきました。

・距離があるので独特の色や形が分かりづらいですが…  沖に多くのヨシガモがいます。湾内にも少数入っていました。

・真っ白で細長い体の水鳥はカワアイサ。 沖にウミアイサ、湾内にミコアイサも見られました(^^)

 

2020/12/7(月)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・今日も湾の奥にホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリなどが密集。 近くにホオジロガモもいて、捕った貝?を食べていました。

・チュウヒが2羽同時に現れました。 1羽は浮島沿いに飛んでいき、もう1羽は湾の上を旋回。

見た鳥聞いた鳥 2020年11月25日~30日

2020/11/25(水)  晴れ  雪虫(綿状のロウをつけたアブラムシの仲間)が舞い始めました

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、アトリ、ホオジロ、アオジ

・木津浜前にカワアイサがよく来るようになりました。頭を水に入れて、魚を探しながら泳ぐ姿も見られます。

・ミサゴやチュウヒが湾を横切って飛んでいきました。 少し北の水際でハイタカに遭遇!

・時々セグロセキレイが鳴きながら飛んできて、センターの屋根にとまります♪

 

2020/11/26(木)  晴れ  スタッフの案内で湖畔を歩くガイドウォーク、お申込み受付中!

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、カモメの仲間、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アトリ、アオジ

・今年はオカヨシガモの数が多いです。 浮島の周りを、他のカモやオオバンと共に動き回ってお食事。

・その辺りにヨシガモもよくいます。冬は、長くカールした「三列風切」が目立ちますが、今はまだ短め。

・アトリの小さな群れが駐車場周りを動き回っていました♪

 

2020/11/27(金)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、トモエガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、カモメ?、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、スズメ、ホオジロ、アオジ

・カンムリカイツブリが観察室前まで来て、魚を追って潜水をくり返しています。ホシハジロ、キンクロハジロと一緒に群れる光景も見るように。

・木津浜~浮島沖に群れる鳥たちの間にトモエガモも発見。

・浮島の上でミサゴ同士がケンカ。その後1羽はどこかへ去り、1羽は島の横のポールに戻りました。

 

2020/11/28(土)  晴れ 時々雨  風が強め。雨上がりの空に虹がかかりました  

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、カモメの仲間、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ツミ、オオタカ、コゲラ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アオジ

・浮島の前にホオジロガモ♂も来ていました。丸くなって休息したり、首を伸ばしてストレッチしたり。

・沖に点々とヨシガモの姿も。頭はきれいな緑色の金属光沢を帯びています。 翼の一部(三列風切)が長く伸びるのは、まだ少し先の事。

・エナガたちが騒がしくなり、ツミが出現! 遊歩道横の木にとまりましたが、すぐどこかへ飛んでいきました。「エリ」の柱にはオオタカがとまっていました。

 

2020/11/29(日)  晴れのち曇り  

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・湾内のオオバンが急増! 湾の奥にはホシハジロが密集していました。

・ハジロカイツブリが密集した群れが沖を進んでいます。400羽ほどいそうな大群も。浮島沿いに水鳥の種類が多く、ヨシガモやヒドリガモも多数いました。

・トビとチュウヒが湖上を飛びながら争っていました。

 

2020/11/30(月)  晴れ時々曇り、雨  

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・センターのすぐ前に、キンクロハジロ・ホシハジロ・カンムリカイツブリが細長く群れていました。ホオジロガモ♂も岸近くに登場。

・湾の奥の「エリ」に、今日もオオタカがとまっていました。細めの体格だったのでオスかな。

見た鳥聞いた鳥 2020年11月18日~23日

2020/11/18(水)  晴れ  秋の湖畔を歩くガイドウォーク、お申し込み受付中!

コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・沖でも、オオバンやカモが帯状に集まって採食しています。カモはヨシガモ、ヒドリガモ、マガモなど。距離は遠いですが… ホオジロガモ、カワアイサも見つかるようになりました。

・晴れて穏やかな日は、この時期でもホオジロの「さえずり」が聞こえてきます♪

・16時ごろ> 6羽のコハクチョウが、沖を北方向へ飛んでいきました。

 

2020/11/19(木)  晴れのち曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、トモエガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ

・湾内の水鳥の「個体数」が減少、ただし「種数」は減らず。マガモが少し増えてきました。沖に群れる水鳥の中に、4羽のトモエガモも発見!

・オオタカの幼鳥が、センターのすぐ前を飛んでいきました。

 

2020/11/20(金)  雨時々曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・浮島横のポールによくミサゴがとまっています。魚を足で押さえつつ食べていることも。カワウも1本のポールに1羽ずつ、全員風上を向いて立っていました。

・観察室前の柵からジョウビタキが飛び立ち、ホバリングしながら、屋根の下のクモ?を捕獲。

 

2020/11/21(土)  曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・水鳥の種類が特に多いのが浮島前。 ヒドリガモとオオバンが多数派で、4羽のトモエガモも来ていました!ホシハジロはここには少なく、ほとんどが島の南にぷかぷか。

・キンクロハジロの群れが飛んできて、センター前に集まるカンムリカイツブリたちと合流。

・木津浜からも、入り混じって泳ぐオオバン、カモの仲間、カンムリカイツブリなどが見られます。 オナガガモのグループも岸近くに来ていました。尾羽が長く伸びた♂もいれば、まだ短い♂も。

 

2020/11/22(日)  晴れのち曇り、雨

キジ、コハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、アオジ

・ 岸近くから沖まで、広い範囲が水鳥に覆われて壮観です!オオバンとホシハジロが二大勢力。オカヨシガモ、ヒドリガモ、カンムリカイツブリもあちこちに。オナガガモは「繁殖羽」のオスと、尾羽がまだ短く、夏羽が残るオスが一緒に採食。

・沖にカワアイサが10羽以上。頭を水に入れた状態で泳いでいます。4羽のコハクチョウも発見!

・朝の湖岸では、アトリやイカルの声もしてきました♪  駐車場横にキジが出現。

 

2020/11/23(月)  曇り時々晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ?、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・ 湾の奥の「エリ」にオオタカがとまっていました。センター前をミサゴが、浮島の上をチュウヒが飛翔。

・センターの前をツグミが何羽も行ったり来たり。 ヒヨドリもやって来て、エビヅル?の実を食べていました

subako

巣箱作り講座、やります! 

 小鳥の巣箱を作るワークショップを開催します!
2020/11/22(日)10時スタート。半日ほどで巣箱を作って持って帰ります。巣箱のかけ方、巣箱を使う鳥の種類、野鳥とのつきあい方についての解説も。

秋冬のうちに巣箱をかけると、春からの繁殖期に、卵を産みひなを育てる場所としてシジュウカラなどが利用してくれます。

木工の経験は不要。受講料は材料費・入館料を含めて3000円(税込)です。
定員は6名。新型コロナウイルス感染対策のため、広い工房で間を取って行うので少人数の催しとなります。小学生以下の方は保護者同伴で申し込みお願いします。

パンフレットはこちら birdhouse-workshop

申し込み、問い合わせはこちら↓ までどうぞ!

滋賀県高島市新旭町饗庭1600-1
高島市新旭水鳥観察センター
電話:0740−25−5803
E-mail:  info@mizudori.org

 

見た鳥聞いた鳥 2020年10月14日~17日

2020/10/14(水)  曇り、晴れ   秋の湖畔を歩くガイドウォーク、お申し込み受付中!

ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、オオムシクイ、メジロ、コサメビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アトリ、ホオジロ

・ホシハジロが増えてきました。例年通りであれば、来月にヒドリガモの数を上回り、カモの中で一番多くなりそうです。

・今年も浮島の上にチュウヒが来るようになりました。

・アトリのグループが複数組、センター前を飛んでいきました。

 

2020/10/15(木)  晴れ  午前を中心に、やや風が強い日が続きます

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、カワセミ、コゲラ、モズ、カラスの仲間、シジュウカラ、ヒヨドリ、オオムシクイ、エゾビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、カワラヒワ、ホオジロ

・チュウヒが湖上を飛び、それに反応してオオバンやカモがぎゅぎゅっと密集。彼らがチュウヒの獲物になることはなかなかありませんが、やはり猛禽は警戒対象のよう。

・湾の一番奥にある「エリ」に、オオタカがとまっていました。

・夕方、枯れ木を拠点に、エゾビタキが飛んでいる虫を捕っていました。大きめの昆虫を捕らえ、枝でこすって食べやすくする場面も。

 

2020/10/16(金)  晴れのち曇り

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ?、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、オオムシクイ、エゾビタキ、スズメ、ハクセキレイ

・にぎやかな声とともに、カワセミが何度もセンター前を飛行! カイツブリのなわばり宣言も聞こえてきます♪

・ノスリが湖上を飛んできて、センターの上を通って西へ。

 

2020/10/17(土)  雨のち曇り

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、コゲラ、モズ、ショウドウツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、オオムシクイ、エゾビタキ、スズメ

・水鳥が一気に増えて2000羽以上になりました! オオバン・ヒドリガモ・ホシハジロが「三大勢力」で、特にホシハジロが増えました。沖にはハジロカイツブリの大群も。

・コシアカツバメとショウドウツバメが、浮島の上などを多数飛び回っています。少数のイワツバメも確認。

・観察室前のアカメヤナギを動き回る、2羽のオオムシクイ。トンボも捕え、何度も振ってから食べていました。

見た鳥聞いた鳥 2020年10月10日~12日

2020/10/10(土)  曇り、晴れ   秋の湖畔を歩くガイドウォーク、お申し込み受付中!

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオムシクイ、メジロ、エゾビタキ、コサメビタキ?、スズメ、セグロセキレイ

・水鳥の数がさらに増え、浮島横に520羽以上が群れていました! オオバンとヒドリガモが特に多く、ヨシガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリも一緒に泳いでいます。

・エゾビタキが何度も来て虫捕り。今日ははっきりとは確認できませんでしたが、コサメビタキもよく見られています。

・18時を過ぎたころ、12羽のゴイサギが鳴きながら飛んでいました。

 

2020/10/11(日)  晴れ、曇り  ヒガンバナは見頃を過ぎたかな

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、オオムシクイ、メジロ、コサメビタキ、スズメ、アトリ、カワラヒワ

・ユリカモメが浮島の上を飛び回り、ポールに降りて羽休め。少なくとも3羽来ていたみたい。

・約30羽のアトリが水際を飛んでいきました。近くの田んぼでは、250羽ほどの群れに遭遇!

 

2020/10/12(月)  晴れ、曇り

ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、バン、オオバン、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメの仲間、ヒヨドリ、エナガ、オオムシクイ、エゾビタキ、コサメビタキ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・チュウヒを今シーズン初確認! 湖の上の決まった範囲を飛び回っていました。

・「キュルルルル…!!」この時期でも、センター前からカイツブリのなわばり宣言が聞こえてきます。

・今日もモズがにぎやかに「高鳴き」。他の鳥の鳴きまねもしたり、侵入してきた別のモズを追い払ったり。

見た鳥聞いた鳥 2020年9月30日~10月1日

2020/9/30(水)  晴れのち曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、オオムシクイ、メジロ、ムクドリ、エゾビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカル

・今年も水鳥が増えてきました。湾の出口には70羽以上集まって採食。ヒドリガモ、カルガモ、ヨシガモ、コガモ、カイツブリの他、今季初確認のオナガガモや、久しぶりに登場のカンムリカイツブリの姿も。

・今川沿いの木々をエゾビタキ、オオムシクイが動き回って虫捕り。

 

2020/10/1(木)  晴れ、曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、オオムシクイ、メジロ、ムクドリ、イソヒヨドリ、エゾビタキ、コサメビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・岬の横にカモが100羽以上来ています。 浮島前には55羽ほどのオオバンが。

・コサメビタキが観察室前で虫捕り。一旦去っても、あまり時間を置かずに戻ってきます。

・イソヒヨドリが久しぶりに登場! 屋根の端っこから下側をのぞき込み、虫がいないか探していました。

見た鳥聞いた鳥 2020年9月24日~28日

2020/9/24(木)  曇り一時雨

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメの仲間、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・カモが一時的に減りましたが、カルガモは今日も群れが来ています。 浮島前の「浮き」に、マガモの雌雄が上がって羽づくろい。

・夕方、家の屋根でよくセグロセキレイがさえずっています♪ センターの屋根に来ることも。 今月はハクセキレイもよく見られています。

 

2020/9/25(金)  雨、曇り

カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、バン、オオバン、トビ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ

・珍しくヒバリがセンター近くを飛行。田んぼに多い鳥で、農道の脇に降りていることも。

・コシアカツバメが何十羽も湖上を飛んでいきました。幼鳥がメインのようです。

※観察時間を十分取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2020/9/26(土)  晴れ、曇り  一時雨

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、エゾビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・湾の出口に、カルガモ、バンとともに6羽のヒドリガモが来ていました。浮島前にはオオバンが10羽以上。

・エナガ+シジュウカラ+コゲラの群れが何度となくやって来てにぎやか♪ 同じ木にエゾビタキも来て、「フライングキャッチ」で昆虫を捕っていました。

・多数のショウドウツバメが飛び回り、センターのすぐ前までやってきました。

 

2020/9/27(日)  晴れ、曇り  一時雨  新旭探鳥会では39種類の鳥が登場!

マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、エゾビタキ、コサメビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・もうすぐ10月ですが、2羽の子どもと両親のカイツブリ一家に会えました(^ ^)

・コシアカツバメがとても多く、成鳥も幼鳥も続々飛んできました。ショウドウツバメも多数見られ、湖面すれすれや私たちのすぐ上も飛行!

・センター前や広場に立つ木に、それぞれエゾビタキが飛んできました。コサメビタキも1羽発見。

 

2020/9/28(月)  晴れ、曇り  一時雨

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エゾビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、イカル

・浮島前を泳ぎ回るヒドリガモ10羽のグループ。一緒にキンクロハジロもいました。

・センター前の木に、エゾビタキが2羽来ていました。「フライングキャッチ」をくり返し、飛んでいる虫や、枝にいる虫を捕獲!

見た鳥聞いた鳥 2020年9月16日~22日

2020/9/16(水)  曇り、晴れ

オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、スズメ、セグロセキレイ

・ミサゴがよく現れた一日。浮島の前に急降下し、水面に突撃!魚を捕る瞬間も見られました(^^) 島の沖側のポールによくとまっています。

・一番北の浮島にわずかにある開けた所に、よくヒドリガモとオオバンが立っています。

・カワセミが何度もセンター前を飛行♪

 

2020/9/17(木)  曇りのち雨

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、カラスの仲間、シジュウカラ、ツバメの仲間、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、スズメ、セグロセキレイ

・9羽のオオバンが浮島前を泳いで採食していました。

・ヒシ刈り以降、あまりバンが見られなくなりましたが… 幼鳥が岸沿いを泳いでくることも。

・きれいなV字型になったカワウの群れが、湖上や湖畔を次々飛んでいきました。

 

2020/9/18(金)  曇り時々雨

オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、コムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・カルガモの子どもが、センター前を元気に動き回っていました。近くにいた成鳥が親鳥かな? オシドリ♀やバンの幼鳥の姿も。

・ツバメの多くは渡っていったようです。 夕方飛んでいく数がだいぶ減りました。

・今月の始めには、300羽以上のサギがねぐらにしていた「エリ」。今はほとんど来なくなりましたが、ゴイサギが1羽とまっていました。

 

2020/9/19(土)  晴れ、曇り

オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・オシドリ♀がせっせとヒシの実を食べていました。バンの幼鳥は、今日も2羽で観察室前に。

・今月もミサゴの出現率が好調♪ 2羽同時に湾内にいることも。

・中旬になってからヒヨドリがよくセンター前に来ています。渡り中ではなさそう。

 

2020/9/20(日)  晴れ、曇り

ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ショウドウツバメ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、エゾビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・26羽のカルガモが湾の出口で採食。バンやカイツブリも来ていました。

・夕方、観察室前のアカメヤナギにエゾビタキが飛来。 今シーズン初確認!

 

2020/9/21(月)  晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、スズメ、セグロセキレイ、イカル

・ヨシガモを今シーズン初確認。3羽が湾の出口で採食していました。

・湾の奥の浅瀬に、チュウサギ、アオサギが何羽も立って獲物を狙っています。周囲にバンやカルガモも。

・2羽のイカルが水際を飛んでいきました。

 

2020/9/22(火)  晴れのち曇り

ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・コガモ、バン、カイツブリも湾の出口に集まっていました。数が一番多いのはカルガモ。

・何百羽ものカワウが、細長く連なって沖を進んでいました。