カテゴリー別アーカイブ: 観察会

ツバメのねぐら入り観察会、今年もやります!

2018年の開催日: 7月28日(土)、8月5日(日)、11日(土)

 高島市にあるヨシ原に、日が落ちてくるとたくさんのツバメが集まってきます。数千羽が集結し、飛び回る、圧巻の光景を観察しませんか?  ツバメの暮らしにも詳しくなれる、ちょっと知的な夕涼み。

  • 定員  15名 (8月5日は20名)
  • 集合   18:10~20 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  19:40頃
  • あるとよい物  飲み物、敷き物や折り畳み椅子、虫よけ。あれば双眼鏡やフィールドスコープ
  • 当館内でツバメの生態などをご紹介した後、3kmほど離れた観察場所へ車で向かいます。
  • スタッフ車の後ろに、参加者の皆様の車が続く形で、当館-観察場所を往復します。車以外でお越しの方は、スタッフの車(または他の参加者様の車)にお乗りいただいております。
  • 雨天中止
  • 参加費(入館料込)  高校生以上300円 中学生まで150円
  • 申込期限   前日17:00までに電話かメールでお願いいたします。

※移動中や観察場所での怪我・事故は自己責任となります。ご了承ください。

※ツバメの数や、どれくらい近くを飛ぶかは年や気候などによって異なります。

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803 メールmizudori@okubiwako.net

アースデイ琵琶湖2018 を開催します!

アースデイは1970年4月22日にアメリカ・スタンフォード大学の学生が中心になって始まった環境問題の討論会に始まり、現在では、環境や暮らしについて考える場として、日本でも様々なイベントが行われています。当館で開催されてきた「アースデイ琵琶湖」、再び開催決定です!

✔開催日 2018年4月21日(土)、22日(日)
✔時間  10:00~17:00 (21日のアースデイ探鳥会は8:30~、22日の講演は~19:00)

✔主な内容
アースデイ探鳥会  …スタッフの案内で湖畔を歩きながら、多彩な野鳥の観察を楽しみましょう。鳥の見分け方や暮らしぶりの解説付きなので、初心者の方でも大丈夫!参加費は無料です。

スライド講演
「鳥見+αの楽しみ」 …一年の間に水鳥センター周辺で見られる野鳥から、話題を掘り下げてゆき、高島の奥行ある多様な自然や素晴らしい文化など、当館の常連である講演者がその魅力を紹介します。主に野鳥のスライドトークですが、いろんな方向へ話題を広げ、いろんな写真をお見せしながらゆるーく語ります。

「美土里ファームから」 …高島市で有機農作物づくりに取り組むチャック・カイザー氏の講演。スライド講演の後、「のんきーファーム」の石津氏と共に、農業の様々な可能性について話を深めていきます。

「スラベシ島の造船所」 …インドネシア・スラべシ島で、昔ながらの手法で作られている巨大な木造船。現地を訪れて見た制作の様子を紹介します。また、当館で制作した和船など、伝統的な木造船の作られる過程もご覧いただく予定です。

ワークショップ「船材で箸を作る」 …小型木造艇「ディンギー」の端材を使ってマイ箸を作りましょう♪

湖西のアール・ブリュット   …社会福祉法人 虹の会「わになろう」の皆さんの絵画を展示

アースデイマーケット  …地域の物や、フェアトレードで作られた物を使った飲食出店、雑貨販売

 

✔お問合せは当館(0740-25-5803)までどうぞ!  内容の追加や変更がありましたら、改めてこちらで紹介させていただきます。

アースデイ琵琶湖 ホームページ http://okubiwako.net/earthday/  

アースデイ琵琶湖 パンフレット(PDF)  earthdaypf (2)

コハクチョウ観察会のご案内

開催日  2018年2月4日(日)

高島の田んぼや水辺で冬を過ごすコハクチョウ。その数は1月下旬~2月上旬頃に最も多くなります。冬の人気者たちの日常を見に行きませんか? 野生で生き抜こうとする、たくましい一面も見られます。

  • 定員15名
  • 集合  13:40 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  16:00頃
  • 持ち物  防寒具、飲み物、雨具。 お持ちの方は双眼鏡、フィールドスコープ、図鑑など。
  • 館内でハクチョウの生態などをご紹介した後、参加者様の車(またはスタッフの車)に乗って、当館から10kmほど離れた観察地へ向かいます。
  • スタッドレスタイヤ、またはチェーン装着の車でお越しください。
  • 小雨、小雪決行
  • 参加費(入館料込)  高校生以上400円 中学生まで200円
  • 前日17:00までに、電話かメールで要申し込み

 

※先頭を進むスタッフの車に、参加者の皆様の車が続く形で移動します。水田などを車で周り、ハクチョウを見つけたら下車して観察! 公共機関でお越しの方は、スタッフの車(または他の参加者様の車)にお乗りいただいております。

※運転中及び現地での怪我、事故は自己責任となります。ご了承ください。

※人馴れしていないハクチョウをできるだけ警戒させないように観察するため、ハクチョウまでの距離が遠い場合がございます。

 

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net

メールでお問合せ・お申込みされる場合は、念のため電話番号もご記入ください。

コハクチョウ観察会のご案内

開催日  2017年12月17日(日)、2018年1月21日(日)、2月4日(日)

はるか北から渡って来るコハクチョウ、今年も数が増えてきました! 冬の人気者たちの日常を見に行きませんか? 野生で生き抜こうとする、たくましい一面も見られます。

  • 定員15名
  • 集合  13:40 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  16:00頃
  • 持ち物  防寒具、飲み物、雨具。 お持ちの方は双眼鏡やフィールドスコープ、図鑑など。
  • 館内でハクチョウの生態などをご紹介した後、ご自身の車、またはスタッフの車に乗って観察場所へ向かいます。
  • スタッドレスタイヤ、またはチェーン装着の車でお越しください。
  • 小雨、小雪決行
  • 参加費(入館料込)  高校生以上400円 中学生まで200円
  • 前日17:00までに、電話かメールで要申し込み

 

※先頭を進むスタッフの車に、参加者の皆様の車が後続する形で移動します。水田などを車で周り、ハクチョウを見つけたら下車して観察! 公共機関でお越しの方は、スタッフの車(または他の参加者様の車)にお乗りいただいております。

※運転中及び現地での怪我、事故は自己責任となります。ご了承ください。

※できるだけ警戒させないよう、過度の接近は控えています。そのためハクチョウまでの距離が遠い場合がございます。

 

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net

メールでお問合せ・お申込みされる場合は、念のため電話番号もご記入ください。(何らかの理由で返信メールが送り返されてしまうことがあるため)

ツバメのねぐら入り観察会

2017年7月の開催日: 22日(土)、29日(土)

 高島市にあるヨシ原には、日が落ちてくるとたくさんのツバメが集まってきます。 数千羽が飛び回る、大迫力の光景を観察しませんか? ツバメの暮らしにも詳しくなれる、ちょっと知的な夕涼み。

  • 定員  15名
  • 集合   18:10~20 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  19:40頃
  • 持ち物 飲み物、敷き物、虫よけ。あれば双眼鏡やフィールドスコープ
  • 当館内でツバメの生態などをご紹介後、各自の車または担当者の車で観察場所に向かいます。
  • 車でお越しになれない方はお知らせください。
  • 雨天中止
  • 参加費(入館料込)  高校生以上300円 中学生まで150円
  • 申込期限 各日の前日17:00まで

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803 メールmizudori@okubiwako.net

ツバメのねぐら入り観察会

2017年の開催日: 7月22日(土)、29日(土)、8月6日(日)

 高島市にあるヨシ原には、日が落ちてくるとたくさんのツバメが集まってきます。 数千羽が飛び回る、大迫力の光景を観察しませんか? ツバメの暮らしにも詳しくなれる、ちょっと知的な夕涼み。

  • 定員  15名 (8月6日は20名)
  • 集合   18:10~20 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  19:40頃
  • 持ち物 飲み物、敷き物、虫よけ。あれば双眼鏡やフィールドスコープ
  • 当館内でツバメの生態などをご紹介した後、各自の車または担当者の車で観察場所に向かいます。
  • 車でお越しになれない方は事前にお知らせください。
  • 雨天中止
  • 参加費(入館料込)  高校生以上300円 中学生まで150円
  • 申込期限 各日の前日17:00まで

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803 メールmizudori@okubiwako.net

親子スケッチ大会

春から夏は鳥の子育てシーズン。かわいいヒナや、大忙しの親鳥が、あちこちで見られるようになります。そんな鳥たちを絵に描いて、当館のギャラリーで展示しませんか?

  • 期間  2017年6月17日(土)~9月18日(月・祝)
  • 持ち物   特になし。画用紙、色鉛筆やクレヨンなどを用意しております。画材の持込も歓迎です。
  • 入館料  中学生まで無料、高校生以上200円 (スケッチに別途料金は必要ありません)
  • 事前申込  不要。期間中は常時開催しております。
  • 幼鳥や親子以外の鳥を描いてもOK!
  • 描いていただいた作品は、順次、当館内のギャラリーに展示いたします。展示終了は11月30日を予定。その後はご希望の方に返却させていただきます。

※館内からヒナ・親子が見つけられないことも多いので、スタッフの案内で外を歩く「ガイドウォーク」にぜひお申込みください♪  (ご希望の日の8~11時 または14時以降集合。 前日までに要申込み)

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803 メールmizudori@okubiwako.net

2月11日のコハクチョウ観察会に関して

高島市は10日から雪が降っており、11日の観察会当日も降り続く予報が出ております。 雪のため観察場所である田んぼへアクセスできない可能性がある他、ハクチョウを見られないかもしれません…

そのため、残念ですが、2017年2月11日(土)のコハクチョウ観察会は中止とさせていただきたいと思います。
大変申し訳ございません。

コハクチョウ観察会のご案内

コハクチョウ観察会  2017年1月21日(土)、2月11日(土)

はるか北から、今年もコハクチョウが渡ってきました!冬の人気者たちの 暮らしぶりを見に行きませんか? 野生で生き抜こうとする、たくましい一面も見られます。

  • 定員15名
  • 集合  13:40 高島市新旭水鳥観察センター
  • 解散  16:00頃
  • 持ち物  飲み物、防寒具、雨具。 お持ちの方は双眼鏡やフィールドスコープ、図鑑など。
  • 館内でハクチョウの生態などをご紹介した後、ご自身の車、またはスタッフの車に乗って観察場所へ向かいます。
  • スタッドレスタイヤ、またはチェーン装着の車でお越しください。
  • 小雨、小雪決行
  • 参加費(入館料込)  高校生以上300円 中学生まで150円
  • 前日17:00までに、電話かメールで要申し込み

※ハクチョウの動きによりますが、新旭町または安曇川町の水田での観察となります。        ※できるだけ警戒させないよう、過度の接近は控えています。そのためハクチョウまでの距離が遠いかもしれません。あらかじめご了承ください。

 

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net

「親子で描こう!鳥の親子スケッチ大会」 開催中!

春~夏は鳥の子育てシーズン。水鳥観察センターの周りでも、カイツブリや小鳥が一生懸命子育てしています。かわいいヒナや、食べ物を探す親鳥を観察して、絵に描いてみましょう♪

  • 期間  2016年6月4日(土)~9月4日(日) 
  • 持ち物   特になし。画用紙、色鉛筆やクレヨンなどを用意しております。(数に限りがございますので、画材の持込も歓迎です)
  • 入館料  中学生まで無料、高校生以上200円 (スケッチ大会に別途料金は必要ありません)
  • 事前申込  不要。期間中は随時開催しております。
  • 幼鳥や親子以外の鳥を描いてもOK!
  • 描いていただいた作品は、当館内のギャラリーに11月7日(月)まで展示いたします。期間後はご希望の方に返却させていただきますので、下記までご連絡ください。

館内からは幼鳥・親子が見られないことも多いので、スタッフの案内で外を歩く「ガイドウォーク」にぜひお申込みください♪  (ご希望の日の8~11時 または14時以降出発。 前日までに要申込み)

高島市新旭水鳥観察センター ℡0740-25-5803  メールmizudori@okubiwako.net