見た鳥聞いた鳥 2017年10月22日~28日

2017/10/22(日)  雨  台風21号の接近で深夜は大荒れに

カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、トビ、オオバン、ユリカモメ、ツバメの仲間、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、スズメ、ムクドリ、ハシブトガラス

・昼頃から雨、風ともに強まってきました。それでも、穏やかだった前日と同じくらい、大勢の水鳥が湾内にいます。やはりオオバン、ホシハジロ、ヒドリガモ、ヨシガモが際立って多いです。 カンムリカイツブリも少し増えました。

・湾内では最近少なかったカルガモ、今日は群れで登場。

 

2017/10/23(月)  雨、曇り  

カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、トビ、オオバン、コゲラ、キセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・湾内の水位もだいぶ上昇しました。 倒れたり打ち寄せられた草の上に、オオバン達が上がってきてお食事。ちぎったり、つついたりして、草や葉っぱ、小さな生き物を食べていたようです。キセキレイは倒れたヨシの上を歩いて虫探し。

・カフェ前のアカメヤナギに、マガモがとまって一休み。顔の1/4ほどはこげ茶色で、夏の羽毛がまだ残っていました。それ以外は緑色の金属光沢。

・約2週間ぶりに見つけたハシビロガモ、観察室前を3羽で泳いでいきました。

 

2017/10/25(水)  曇り  

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、カワセミ、コゲラ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、キビタキ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・観察室前の柵にキビタキがとまりました。周りに虫を見つけると飛び立って捕え、また戻って来ます。

・観察室前に大抵オオバンがいて、倒れた草の上やぬかるみでお食事。 水位が高いのでホシハジロやカイツブリも、いつもより手前まで来て潜水していました。

・湾の出口近くに群れるホシハジロやヒドリガモなどの間に、オシドリも2羽見つけました。

 

2017/10/26(木)  晴れ  

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、カワセミ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、アトリ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・アトリ10羽ほどの群れが、鳴きながら湖岸の上を飛んでいきました。

・木津浜前に浮かぶ鳥もだいぶ増えました。その中にホオジロガモも1羽いて、潜水をくり返していました。浮上してもすぐ潜ってしまいます(^-^;

・夏鳥のチュウサギがまだ残っています。ダイサギとともに、増水した水路に来て魚を狙っていました。

 

2017/10/27(金)  晴れ  

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミサゴ、トビ、バン、オオバン、ユリカモメ、カワセミ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、エナガ、ホオジロ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・ヒドリガモとヨシガモが減ったため、湾内の水鳥に占めるオオバンとホシハジロの割合が大きくなりました。カンムリカイツブリは増加。

・観察室のすぐ前にバンが入ってきて、岸沿いを泳ぎながら採食していきました。

・あまりセンター前にはとまってくれませんが、時々、「チー」「チチチチ…!」という高く澄んだ声とともに、カワセミが水際を飛んでいきます。

 

2017/10/28(土)  雨  

カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、アオサギ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、チュウヒ、オオバン、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

・今日もダイサギがセンター前に降り、波打ち際や池で魚を狙っていました。小魚や20㎝近い魚を捕まえて、ごっくん。同時に3羽来たこともありますが、内2羽は警戒心が強く、館内の人の動きに気づくと飛んでいってしまいました。

・チュウヒが浮島の上を舞った後、方向を変えて南へ飛んでいきました。