見た鳥聞いた鳥 2018年11月18日~24日

2018/11/18(日)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・浮島横のポールにカモメがとまりました。 ユリカモメは今日もハジロカイツブリの群れについて行っています。

・マガモ数十羽が、センターの正面~少し南の岸沿いに集まっていました。大きな水しぶきを上げ、豪快に水浴びする者も。まだ夏の羽が多く残っているオスもいます。

・モズのオスが観察室の北側、メスが南側の木にとまり、縄張り宣言して相手を牽制(けんせい)。

 

2018/11/19(月)  曇り一時晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・アカゲラがセンター前の木に飛来。ウグイスが鳴きながら、草むらの上の見やすい所にとまってくれました♪

・沖を進む群れとは別行動の、「単独行動派」のハジロカイツブリがよく湾内で潜水をくり返しています。

・今月上旬に比べて水鳥の数が減った湾内。オオバン、マガモ、カンムリカイツブリは比較的多く見られました。

 

2018/11/21(水)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・数が増えてきたカワアイサ。まっすぐ泳ぎながら、頭を水に入れたり出したり。水中に魚がいないか探しているようです。

・センター前に群れるホシハジロ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリの間にミコアイサのメスも浮かんでいました。

 

2018/11/22(木)  雨一時やむ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、スズメ、ベニマシコ、セグロセキレイ

・今月もミサゴの出現率が高いです。 運がいいと豪快なハンティングが見られる他、捕まえた魚を持って飛んでいたり、センターのすぐ前を通ることも。

・マガモの群れと一緒に、センター前にあまり来ないカルガモやオナガガモもやって来ました。

・センター前の茂みから「フィ、フィ」とベニマシコの声が。

※観察時間を十分に取れなかったため、実際は他にも種類がいたと思われます。

 

2018/11/23(金)  雨 時々晴れ間も

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ

・ハジロカイツブリの大群が、魚を追って湾内にも入ってきました。群れに加わらず、1羽で来ている「単独行動派」もいます。

・約2週間ぶりにバンが見られました。観察室前に来て植物などを食べ、危険を感じるとすぐに移動…

 

2018/11/24(土)  晴れ一時曇り

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ

・湾内の水鳥の数が少し増加。センターの正面~少し南にかけて、キンクロハジロ、ホシハジロ、マガモ、カンムリカイツブリなどが入り混じって浮かんでいました。

・朝から暗くなるまで、成鳥3羽、幼鳥1羽のコハクチョウがずっと沖にいました。