見た鳥聞いた鳥 2018年11月25日~30日

2018/11/25(日)  晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、ユリカモメ、カモメ、ミサゴ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ベニマシコ、イカル、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン、ドバト

・道路の反対側にあるヤブから「フィ、フィ」とベニマシコの声。朝はイカル20羽弱、夕方にはツグミ3羽が湖岸を飛んでいました。

・大規模なハジロカイツブリの群れが複数、浮島沖を進んでいました。総勢1000羽ほどいたでしょうか。

・木津浜から湖を見ると、広範囲にいろいろな水鳥が見つかります。ヒドリガモが上陸し、カワアイサが頭を水中に入れつつ泳ぎ、ミコアイサやウミアイサがいることも。

 

2018/11/26(月)  晴れ、曇り

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、ドバト

・成鳥3羽、幼鳥1羽のコハクチョウが沖で採食していました。24日にも見られた親子と成鳥かな。

・モズやジョウビタキのなわばり宣言が湖畔に響き、草むらではホオジロ、アオジ、ウグイスがにぎやかに「地鳴き」。波打ち際にセグロセキレイが3羽降りていました。

カワセミ2羽が今川近くを飛行。1羽はセンターの方へ行き、1羽は河口にとまって魚探し。とまる枝を何度も変えていました。 木津浜の北の護岸に別個体もいて、ダイビングして魚をゲット!

 

2018/11/28(水)  曇り、雨

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・ホオジロガモの若いオスが、水際近くまで来て潜水をくり返していました。

・松並木の南端辺りにカワアイサのオスが4羽。ウミアイサは沖の「エリ」にメスタイプがいました。

 

2018/11/29(木)  晴れ、曇り

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ

・一番北の浮島の沖側を探すと、ヨシガモが点々といます。日光の具合によっては、遠くからでも頭の美しい金属光沢が分かります。

・「チッ、チッ」と鳴きながら、カシラダカが遊歩道沿いの草地を動き回っています♪

・夕暮れ時になると、田んぼへ向かうカモたちの高い羽音が聞こえてきます。

 

2018/11/30(金)  雨のち曇り、晴れ

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・3日連続でアカゲラ登場。センター前の木にも来て虫を探していました。 時々控えめな声で「キョ、キョ」

・湖上に立つ細いポール、その後「エリ」の柱にミサゴがとまりました。湾内では、このどちらかにとまることが多いです。