見た鳥聞いた鳥 2019年10月30日~11月4日

2019/10/30(水)  晴れ、曇り

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ

・今川横の木立でイカルが鳴いていました♪ 今シーズン初めての確認。

・ハジロカイツブリが密集した群れが、いくつも沖を進んでいます。他の水鳥と一緒に、木津浜前に浮かぶ「単独行動派」も。 センターの南にカンムリカイツブリが何羽もいました。

・市内でもコハクチョウ発見の報が入りました! 旧道の駅近くに3羽いたそうです。

 

2019/10/31(木)  晴れ

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オオタカ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ウグイス、ジョウビタキ、セグロセキレイ、シメ

・今シーズン初めて、センターからコハクチョウが見られました! 南側の水面をゆっくり泳ぎ、ヨシの間へ入ってお食事。その後沖へ移動しました。

・ヤギ小屋横の枯れ枝に、ジョウビタキ♀がとまって鳴いていました♪  水際の茂みからはウグイスの「地鳴き」が。

・ポールの上で魚を食べるミサゴ。 オオタカが南へ、湖上を一直線に飛んでいきました!

 

2019/11/1(金)  曇り、晴れ

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、シラサギ類、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ

・湾の一番奥にも、オオバンやホシハジロが群れていました。彼らの間に3羽のハシビロガモも。

・センター前には中々とまりませんが… 9月下旬以降カワセミがよく来ます。今日も、「チチチチ!」という高い声とともに水際を飛び、近くの低木にとまりました。

 

2019/11/2(土)  曇り、晴れ

コハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ、アオジ

・13時ごろ、2羽のコハクチョウが観察室前に! 時々食事しながら岸沿いを進みます。 その後も、湾の真ん中を泳いでいったり沖に現れたりと、夕方まで姿を見ることができました。

・ミサゴが何度も出現。魚を探しながら、窓のすぐ外も飛んでいきました。

・出入口の横のススキにホオジロがとまりました。種がお目当て?

 

2019/11/3(日)  曇り、晴れ  路上に時々カマキリがいるので、つぶさないように…

ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、コサギ、オオバン、ハマシギ、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、シメ、ホオジロ、アオジ、ドバト?

・木津浜の波打ち際に珍しくハマシギが降りました。打ち寄せられた土や植物などのカタマリに、盛んにクチバシを入れて虫?探し。

・浜の前では2羽のジョウビタキが、1本の木を舞台になわばり争いしていました。 エナガの群れも登場。じっと見ていると近づいてきて、僕たちの真横の木までやって来ました♪

・カンムリカイツブリが少しずつ増加中。 オオバンなどの大群より手前に、27羽の一団が浮かんでいました。

 

2019/11/4(月)  晴れ  風が強め。木枯らし1号が吹いたそうです

オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ユリカモメ、トビ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ジョウビタキ、スズメ、セグロセキレイ、アオジ

・水鳥集団の構成メンバー  特に多いのがオオバンとホシハジロで、ヒドリガモ・キンクロハジロ・カイツブリ・カンムリカイツブリもあちこちにいます。彼らの間に少数のヨシガモ、マガモ、コガモ、オカヨシガモも。

・観察室の目の前に、オス、メスのジョウビタキが続けざまに登場。一方がもう一方を追うような動きも見られました。なわばりの境界は未確定?