見た鳥聞いた鳥 2020年7月29日~8月3日

2020/7/29(水)  曇り

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、シラサギ類、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・「チャ、チャッ」 今日も観察室前の茂みから、ウグイスの地鳴きが聞こえてきました♪

・今年はコシアカツバメとメジロがよく見られるのが印象的。 コシアカツバメは「イィ!」と鳴きながら、ツバメよりゆっくりめなスピードで飛んでいます。

 

2020/7/30(木)  晴れ、曇り  クマゼミが「初鳴き」

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、トビ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ

・湖面に浮かぶ棒にアオサギがとまって日光浴。 翼をパラボラアンテナのように丸く広げる、独特なポーズです。

・19時ごろになると浮島にセグロセキレイが集結! 草や周りの「浮き」にとまっていきます。ここ2週間ほど、来る数が少なかったように見えましたが、また増えたかな?

 

2020/7/31(金)  晴れ  ミンミンゼミも鳴きだしました♪

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・観察室前にカルガモが何度も出てきて採食。多いと6羽でやって来ます。

・今日も湾の出口近くに、10羽ほどのカイツブリがぷかぷか。一列になって浮かんでいます。

 

2020/8/1(土)  晴れ、曇り

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ

・カイツブリの両親が潜水をくり返し、3羽の子どもに魚?を捕ってきます。 巣に座る別のカイツブリも発見!…が、アオサギが巣に降りてしまい、親鳥が横で困っていました。

・ツバメだけでなく、コシアカツバメとイワツバメも、今川沿いなどを飛び回っていました。

・夕方、アマサギ12羽が南へ飛んでいきました。ちなみに近くの田んぼでは、昼、21羽の群れに遭遇!

 

2020/8/2(日)  晴れ、曇り

マガモ、カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、オオバン、トビ、カワセミ、コゲラ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ツバメ、コシアカツバメ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ムクドリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・観察室のすぐ前でマガモがお食事。手前の草に隠れがちなので、いても気づれかないことも。 全身茶色い「エクリプス」への換羽が完了したみたいです。

・近くの電線にコシアカツバメがとまり、「普通の」ツバメが辺りを飛び回っていました。

 

2020/8/3(月)  晴れ  コムラサキやウラギンシジミなど、蝶も館内から見られます

カルガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、カッコウの仲間、ミサゴ、トビ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、メジロ、オオヨシキリ、スズメ、セグロセキレイ、ホオジロ

・ミサゴが浮島横のポールに長くとまっていました。沖をもう1羽が飛び回ってハンティング!

・モズの幼鳥が久しぶりに登場! 水際の木のてっぺんから、辺りをキョロキョロ。

・16時台後半になると、湖上を飛んでいくダイサギがよく見られます。大半は南へ。